広告・マーケティング 美容・健康

ヨガおよびエクササイズマットの市場規模、2026年に152億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ヨガおよびエクササイズマットの世界市場 (~2026年):材料 (ポリ塩化ビニル・天然ゴム・ポリウレタン・熱可塑性エラストマー・その他)・流通経路 (Eコマース・スーパーマーケット&ハイパーマーケット・専門店)・エンドユーザー・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を7月5日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/mama1003245-yoga-exercise-mats-market-by-material-polyvinyl.html





ヨガおよびエクササイズマットの市場規模は、2021年の117億米ドルからCAGR5.3%で成長し、2026年には152億米ドルに達すると予測されています。この成長は、ヨガの人気が高まっていることと、世界的に生活習慣病の有病率が増加していることが要因と考えられます。

COVID-19のヨガおよびエクササイズマット市場に与えた影響

COVID-19は、地域を超えてほぼすべての国、その経済的パフォーマンス、そして産業の流通チャネルに影響を与えています。しかし、このパンデミックは、フィットネスおよびヘルスケア製品市場の一部であるヨガおよびエクササイズマット市場にプラスの影響を与えました。これは、世界中の消費者が電子商取引を利用して製品を購入することで実現しました。

ジムが閉鎖されたことで、人々は自宅スペースの一部をヨガの練習に利用するなど、よりクリエイティブな運動習慣を身につけています。また、アマゾンのデータによると、ヨガマットはアマゾンのベストセラー商品の上位にランクインしています。ヨガマットの平均カテゴリーランキングは、2019年12月第2週の45位から、2020年3月第2週の18位へと上昇しており、1年ぶりの高順位となっています。さらに、世界のヨガおよびエクササイズマット市場は、パンデミックが収束した後も、人々の健康的なライフスタイルへの意識の高まりにより、着実な成長が見込まれています。

牽引要因:ヨガの人気上昇

ここ数年、ヨガの人気が高まっています。世界のヨガの統計によると、ヨガは世界で最も人気のあるフィットネス活動の10項目に挙げられています。2018年のWorldwide Survey of Fitness Trendsでは、最もホットなフィットネストレンドにヨガが挙げられています。ヨガが地域を超えて個人に普及していることから、国連総会は6月21日を国際ヨガの日と宣言しました。イギリスでは、「ヨガという言葉が最も人気のある15の単語に入っています。国際ヨガ連盟によると、世界でヨガを実践している人は3億人近くいると言われています。Statistaによると、2012年から2016年の間に、ヨガを実践するアメリカ人の数は50%増加しました。Eventbriteによると、平均的なヨガの実践者は、1ヶ月に90米ドル近くをヨガに費やしています。毎年、アメリカ人は、ヨガ教室、器具、衣類、アクセサリーなどに総額160億米ドルを費やしています。ヨガの実践が増えたことで、ヨガマットやエクササイズマットなどの専用器具やアクセサリーの需要が急増しています。ヨガの人気の高まりは、ヨガおよびエクササイズマット市場の成長を促進すると予測されます。

抑制要因:原材料価格の乱高下

ポリ塩化ビニル(PVC)、熱可塑性エラストマー(TPE)、ポリウレタン(PU)、天然ゴムなどが、ヨガおよびエクササイズ用マットの製造に主に使用されている素材です。ポリ塩化ビニル(PVC)、熱可塑性エラストマー(TPE)、ポリウレタン(PU)は、石油を原料とするポリマーです。そのため、マット業界は原油価格に間接的に依存しています。原油は一次産品であるため、価格の変動が大きくなる傾向があります。商品価格の変動は、そのエコシステムに属する企業のキャッシュフローや収益に大きな影響を与えます。原油価格の変動は、小売業者からポリ塩化ビニルなどのプラスチックメーカーまで、さまざまな企業に影響を与えています。原材料メーカーは利益を出すのに苦労しており、ヨガマットのサプライヤーやOEMメーカーは価格の引き上げに注力しています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1003245-yoga-exercise-mats-market-by-material-polyvinyl.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社280社が発行する調査資料約9万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)