インテリア・雑貨 美容・健康

【マスク熱中症対策】立体インナーマスクが運動時のマスク内の温度上昇を抑え、飛沫拡散範囲を抑制

株式会社Bfull
立体インナーマスクシリーズはBfullストア(http://bfull-store.com/)で販売中

立体インナーマスクの立体空間により、運動時のマスク内の温度上昇を抑え、飛沫の拡散範囲も抑制することを専門機関の検証で確認しました。


株式会社Bfull(代表:前田直人、所在:愛知県一宮市神山)は、マスク着用における不快感を解消するマスクフレーム「立体インナーマスクシリーズ」を着用したマスク内の温度変化と飛沫拡散の範囲を専門機関に依頼し、検証を行いました。その結果、運動時のマスク内の温度上昇を低減し、飛沫拡散範囲の抑制を確認しました。



マスク内の温度変化に関して
立体インナーマスク着用時のマスク内の温度検証は、一般社団法人ニッセンケン品質評価センターのご協力のもと実施。気温 8~9度 湿度 50~60%の環境で連続した運動後に、サーモグラフィを使って口周りの温度変化を計測しました。

比較条件


”不織布マスクのみ”と”不織布マスク+立体インナーマスク着用時”の比較


試験方法


同一環境下で運動強度の異なる15分間の連続した運動を行い、運動直後にマスクを外してサーモグラフィで顔の表面温度を計測した。

条件:屋外/温度(8~9度、湿度50~60%)で15分間連続した歩行運動を実施

試験結果




同一条件の中で、一定強度の運動を行うことで、マスク着用時の温度に約2度程度の温度差が発生した。外気温8~9度の時期に実施した試験の為、外気温の影響は軽微だと考える。
温度差の原因としては、マスク内に空間があることでマスク内の湿度が軽減され、温度変化が起きたのではと推測する。

試験協力:一般社団法人ニッセンケン品質評価センター・試験結果の推測:Bfull

立体インナーマスク着用時の飛沫拡散範囲に関して
立体インナーマスク着用時の飛沫拡散検証は、西華デジタルイメージ株式会社のご協力のもと、不織布マスクのみと立体インナーマスクを装着した不織布マスクで、くしゃみをした時の飛沫の拡散状況をハイスピードカメラで撮影し可視化しました。

試験条件
飛散物:疑似唾液 / 吐出圧:0.4atm / 吐出時間:0.4秒
飛沫拡散の検証動画: https://youtu.be/tQMenl8bPHs


※白い粒子が飛沫の飛散状況を可視化したものです。



試験結果


飛散物、吐出物、吐出時間ともに同一条件で、飛沫の拡散範囲を可視化した結果、立体インナーマスクを使用している方が、飛沫の拡散を抑制していることが、映像より確認できる。

試験協力:西華デジタルイメージ株式会社・試験結果の推測:Bfull

〈立体インナーマスクとは〉
立体インナーマスクはマスク着用の不快感を解消するマスクフレームで、マスク内に立体空間を作ります。マスク着用の息苦しさ、メイク移り、マスク内の蒸れ、しゃべりにくさを解消します。2020年5月から販売を開始しまして、現時点で約104万個以上を販売。マスクの種類を問わず装着できる立体インナーマスクVer.5や、コンパクト着けていることが外から見えない立体インナーマスク 快適フレームなど複数のラインナップをご用意しています。

Bfull公式オンラインストアをご覧ください。(http://bfull-store.com/
立体インナーマスク スリムクリア Ver.5 :https://be-full.jp/wp/inner_mask_v5/
立体インナーマスク 快適フレーム :https://be-full.jp/kaiteki/


『立体インナーマスク』は株式会社Bfullの登録商標です(登録商標第6303518号)
特許出願済:出願番号 2020-119077、出願番号 2020-127080


【会社概要】
会社名 :株式会社Bfull
所在地 :愛知県一宮市神山1丁目10-1 神山ビル2階
企業サイト:https://be-full.jp/

【プレスリリースに関するお問い合わせ先】
e-mail:pr@be-full.jp TEL :0586-64-5342
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)