広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

生検装置の市場規模、2026年に28億7,000万米ドル到達見込み

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「生検デバイス市場:世界の業界動向、シェア、規模、成長、機会および予測(2021~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を7月6日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/imarc988308-biopsy-devices-market-global-industry-trends-share.html


市場の概要
生検装置の世界市場は、2020年に21億2,000万米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間、同市場の年平均成長率は5.12%で、2026年には28億7,000万米ドルに達すると予測されています。生検装置は、臓器から組織を外科的に採取するために使用される様々な機器を指します。外科医、放射線科医、心臓内科医、その他の医療従事者が、癌や炎症性疾患の有無や程度を診断するために使用します。吸引針、鉗子、局在化ワイヤーなどの機器は、一般的に使用される生検装置の一部です。これらの装置は、肝臓、肺、腎臓、乳房などの部位のMRIガイド下生検、ニードルベース生検、コア生検、バキュームアシスト生検に使用されます。これらの装置は、診療所、診断センター、病院などの多くの医療機関で幅広く使用されています。

市場の成長要因
慢性疾患、特に乳がんの増加は、市場の成長を促す重要な要因の一つです。さらに、慢性疾患の診断・スクリーニング方法に対する消費者の意識が高まっていることも、定位誘導下生検などの統合技術の需要を押し上げています。また、世界中の患者の間で、低侵襲(MI)生検法への関心が高まっています。例えば、MI乳房生検法(MIBT)は、放射線による損傷から健康な組織を保護しながら、がん診断のための手術を不要にします。さらに、健康な細胞と腫瘍を見分けることができる真空支援ガンやスマートバイオプシーシステムの開発など、さまざまな技術的進歩も市場の成長に貢献しています。その他の要因としては、高齢者人口の急増、医療費の増加、広範な研究開発活動などが、今後数年間の市場を牽引すると予測されます。


主要な市場区分
生検装置の世界市場は、手順タイプ別、製品別、アプリケーション別、誘導法別、エンドユーザー別、地域別で分類されています。

市場の競合状況
世界の生検装置市場における主要企業としては、アルゴンメディカルデバイス、B. Braun Melsungen、Becton, Dickinson and Company、Boston Scientific Corporation、Cardinal Health Inc.、Cook Group Incorporated、Danaher Corporation、Hologic Inc.、Medtronic Inc.などが挙げられます。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc988308-biopsy-devices-market-global-industry-trends-share.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社280社が発行する調査資料約9万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)