医療・医薬・福祉

iPS細胞由来の心筋シートを研究開発するiHeart Japan株式会社に出資

フューチャーベンチャーキャピタル株式会社
フューチャーベンチャーキャピタル株式会社(以下、「FVC」)は、当社が運営するイノベーションC投資事業有限責任組合(以下、「イノベCファンド」)、「京都市スタートアップ支援投資事業有限責任組合」(以下、「京都市スタートアップ支援ファンド」)並びに「京都市スタートアップ支援2号投資事業有限責任組合」(以下、「京都市スタートアップ支援2号ファンド」)より、iPS細胞由来の心筋シートを研究開発するiHeart Japan株式会社(以下、「iHeart Japan」)(本社:京都市左京区、代表取締役:角田 健治)に出資しましたことをお知らせいたします。


【iHeart Japanについて】
iPS細胞から分化させた心臓や血管などの細胞から成る多層体(以下、「IHJ-301」)を拡張型心筋症や虚血性心筋症による重症心不全の治療に役立てるべく、再生医療等製品開発に取り組んでいるベンチャー企業です。
今回の出資は、臨床研究や治験などIHJ-301の実用化に向けた展開に必要となる資金を支援するもので、今後の事業拡大が大いに期待されています。
同社はiPS細胞という世界に誇れる京都発の再生医療技術を使った事業を行っており、また社会的意義の高い事業であることからも、出資決定いたしました。

【イノベCファンドについて】
イノベCファンドは、2018年8月に京都信用金庫とFVCが共同で設立したファンドです。京都信用金庫営業エリア内で独創的な技術、サービスやビジネスモデルで地域経済の活性化に資するベンチャー企業を出資対象とし、当該企業の成長および社会課題解決等の実現に寄与することを目的としています。シード~レイターまで幅広いステージのベンチャー企業を対象とし、業種問わず多くのベンチャーを支援しています。本件のiHeart Japanへの出資により、イノベCファンドからの出資は、合計21社となります。

【京都市スタートアップ支援ファンド】
京都市の施策である「まち・ひと・しごと・こころ京都創生」総合戦略の取り組みの一つとして、地元産業の育成を主眼として、京都中央信用金庫、京都信用金庫、京都リサーチパーク株式会社及びFVCが共同で設立した創業支援ファンドです。また、当ファンドは「京都市スタートアップ支援ファンドを核とした創業・第二創業、ベンチャー企業支援に係る業務連携・協力に関する事業連携」も締結しており、京都市で今後創業する方、創業後間もない企業や個人事業者を中心に支援していきます。

【京都市スタートアップ支援2号ファンド】
京都市の施策である「まち・ひと・しごと・こころ京都創生」総合戦略の取り組みの一つとして、地元産業の育成を主眼として、京都中央信用金庫、京都信用金庫及びFVCが共同で設立した創業支援ファンドです。また、当ファンドは「京都市スタートアップ支援ファンドを核とした創業・第二創業、ベンチャー企業支援に係る業務連携・協力に関する事業連携」も締結しており、京都市で今後創業する方、創業後間もない企業や個人事業者を中心に支援していきます。

【FVCについて】
京都に本社を置く独立系ベンチャーキャピタル。ものづくり・SDGs等の「テーマファンド」、地域のベンチャー企業を支援するための「地方創生ファンド」、事業会社のオープンイノベーションを促進するための「CVC ファンド」を軸とした複数のファンドを運営しています。また、資金を投入するだけでなく、長期的な事業継続に向け、事業育成・人材育成・事業コンサルティングなどの支援を行っています。

【出資先概要】
会社名 :iHeart Japan株式会社
WEB  :http://www.iheartjapan.jp/
設立日 :2013年4月
所在地 :京都市左京区吉田下阿達町46京都大学医薬系総合研究棟
代表者 :代表取締役 角田 健治

【会社情報】
会社名 :フューチャーベンチャーキャピタル株式会社
WEB  :https://www.fvc.co.jp/
設立日 :1998年9月
所在地 :京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町 659 番地 烏丸中央ビル
代表者 :代表取締役社長  松本 直人
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)