デジタル製品・家電 医療・医薬・福祉

常染色体劣性家族性大腸腺腫症治療薬市場ーポリープ部位別(十二指腸、上皮、その他);治療別(結腸切除術、遺伝カウンセリング、投薬、手術、その他);流通チャネル別-世界の需要分析と機会の見通し2030年

Kenneth Research
Research Nester Private Limitedは調査レポート「常染色体劣性家族性大腸腺腫症治療薬市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」2021年07月 07日 に発刊しました。このレポートは、予測期間中に市場の成長を促進すると予測されるいくつかの要因とともに、成長ドライバー、市場機会、課題、脅威などの市場ダイナミクスを強調しています。さらに、このレポートは、SWOT分析、PORTERの五つの力の分析、PESTEL分析など、いくつかの分析ツールを利用して予測評価を提供します。


レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3097

市場の成長は、結腸直腸癌の症例の増加、遺伝性疾患の有病率の増加に起因する可能性があります。世界保健機関(WHO)のデータによると、2020年に935,000人が結腸直腸癌によって死亡しました。常染色体劣性FAPが癌になるリスクは100%です。家族性大腸腺腫症またはFAPは、大腸および直腸に多数のポリープを引き起こします。

常染色体劣性FAPは、結腸内視鏡検査またはS状結腸鏡検査を使用した定期的なモニタリングと診断によって制御できます。しかし、特にポリープが悪性の場合、その治療は複雑です。遺伝子変異の原因はまだ不明であり、この方向での研究が増えると推定されています。さらに、原因究明や新薬開発のための研究開発への投資拡大が市場の成長を後押しすると推定されています。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3097

市場セグメンテーション概要

常染色体劣性家族性大腸腺腫症治療薬市場は、ポリープ部位別(十二指腸、上皮、その他);治療別;および流通チャネル別(病院、専門クリニック、その他)によって分割されます。

· 治療別

世界の常染色体劣性FAP市場は、結腸切除術、遺伝カウンセリング、投薬、手術などの治療によって分割されています。それらの中で、手術セグメントは、複雑な症例の治療におけるこの方法の成功、大衆の間での人気、容易な入手可能性およびより速い結果により、予測期間中に市場で最大のシェアを保持すると予想されます。さらに、手術は良性ポリープを永久に軽減することができます。

また、各セグメントのY-o-Y成長率、BPS分析、および市場の魅力とともに、値および量別によって市場規模の詳細な予測も含まれます。
常染色体劣性家族性大腸腺腫症治療薬市場はさらに、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、中東、アフリカなど地域によって分割されます。

北米地域の市場は、医療研究開発活動における政府資金の増加、地域の主要な製薬会社の存在を背景に、予測期間にわたって最大のシェアを獲得すると推定されています。さらに、高度な医療セクター、高い医療費は、地域の市場成長を後押しすると推定されます。世界銀行のデータによると、北米は2018年にGDPの16.416%を医療セクターに費やしました。

アジア太平洋地域の市場は、 結腸直腸疾患の患者数の増加、新しい治療法の利用可能性、および医療インフラの急速な改善により、予測期間中に最高のCAGRで成長すると予想されます。さらに、インドや中国などの国々で高齢者人口の増加など要因は、市場の成長がさらに促進されると推定されています。

常染色体劣性家族性大腸腺腫症治療薬市場は地域に基づいてさらに区分されます。

· 北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
· ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
· アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
· 中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

市場主要企業

このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来の常染色体劣性家族性大腸腺腫症治療薬市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。常染色体劣性家族性大腸腺腫症治療薬市場における業界のリーダーはBayer AG、Astellas Pharma Inc.、Novartis AG、Pfizer Inc.、Genentech, Inc.、Ipsen Biopharmaceuticals, Inc.Regeneron Pharmaceuticals Inc.、Eli Lilly and Company、Teva Pharmaceutical Industries Ltd.、Bristol-Myers Squibb Companyなどです。

Research Nester Private Limited会社概要

LAMORI PRIVATE LIMITEDのグループ会社であるResearch Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せる
ようにも支援します。

https://www.researchnester.com/

【調査レポートの日本語に詳細内容について】

https://www.researchnester.jp/reports/autosomal-recessive-familial-adenomatous-polyposis-drugs-market/3097

【調査レポートの詳細内容について】

Https://Www.Researchnester.Com/reports/autosomal-recessive-familial-adenomatous-polyposis-drugs-market/3097 **** Research Nester Private Limited Company Profile ***** Https: //Www.Researchnester .com / Phone: US +1 646 586 9123 Phone: UK +44 203 608 5919 Email: info@researchnester.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)