広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

創傷ケア用生物製剤市場、2021年から2026年の間、8%のCAGRで成長見込み

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「創傷ケア用生物製剤市場:世界の業界動向、シェア、規模、成長、機会および予測(2021~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を7月7日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/imarc1007157-wound-care-biologics-market-global-industry-trends.html



市場の概要
創傷ケア用生物製剤市場は、2015年から2020年にかけて強い成長を示しました。創傷ケア用生物製剤とは、天然物から抽出または半合成された薬剤で、感染症の制御や治癒に使用されます。創傷治癒は、炎症、繊維組織の蓄積、コラーゲンの沈着、上皮細胞層の形成、その他の混乱を伴う複雑なプロセスです。生物学的創傷治療薬は、生物学的活性物質によって自然な修復メカニズムを回復させる能力を有しています。例えば、抗菌作用、抗炎症作用、抗酸化作用を持つ植物由来の活性生体分子は、創傷治癒プロセスの促進に効果的であることが証明されています。創傷ケアの分野における最近の技術的進歩としては、皮膚代替品、生体膜、スカフォールド、導水性ドレッシング、生物製剤などが挙げられます。

市場の成長要因
慢性的な皮膚の傷は、火傷、皮膚がん、感染症、外傷、糖尿病などの基礎疾患が原因となることがあります。これらの病気の流行や高齢者の増加に伴い、創傷ケアを促進し、早期に回復させる治療法への需要が高まっています。これに伴い、世界各国の政府は、創傷ケア用生物製剤の有用性を患者に認識してもらうために様々な取り組みを行っています。これとは別に、メーカーは次世代の費用対効果に優れた高品質の生物製剤を開発し、より利用しやすくしています。さらに、多くの研究機関や医療機関がパートナーシップを結び、創傷治療の近代化や創傷治癒のための革新的な医薬品の開発に取り組んでいます。例えば、研究者たちは、抗菌化合物を創傷被覆材自体に組み込むことに注力しています。これらの材料は、ハイドロゲルやフォームなどの従来の創傷被覆材に、ベタイン、銀、キチン、ポリヘキサメチレンビグアニドなどの抗菌化合物を組み合わせたものです。今後、2021年から2026年にかけて、世界の創傷ケア用生物製剤市場は約8%のCAGRで成長すると予測されています。

主要な市場区分
創傷ケア用生物製剤市場は、製品別、傷の種類別、用途別、エンドユーザー別、地域別に分類されています。
製品別では、生物学的皮膚代替製品、人体組織由来製品、動物由来無細胞製品、生合成製品、外用剤に分かれています。

傷の種類別では、潰瘍、糖尿病性足潰瘍、静脈性潰瘍、褥瘡(じょくそう)、外科的・外傷性の傷、火傷に分かれています。

用途別では、急性創傷、慢性創傷、外科的創傷に分かれています。

エンドユーザー別では、病院、ASC、バーンセンター、創傷治療院に分かれています。

地域別では、アジア太平洋地域、ヨーロッパ、北アメリカ、中近東・アフリカ、ラテンアメリカに分類されています。

市場の競合状況
創傷ケア用生物製剤市場における主要な企業としては、スミス・アンド・ネフュー、メンリッケ・ヘルスケア、インテグラ・ライフサイエンス、オシリス・セラピューティクス、アビタ・メディカル、コンヴァテック・グループ、シトリ・セラピューティクス、マイラン、ジョンソン・アンド・ジョンソン、リープ・セラピューティクス、ヌオ・セラピューティクス、マリンクロット、ライト・メディカル、ミメデックス・グループ、ソルシス・メディカルなどが挙げられます。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc1007157-wound-care-biologics-market-global-industry-trends.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社280社が発行する調査資料約9万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)