医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

精神障害・症状者のための情報検索サイト「OpenGateまとめ検索」α版始動!

株式会社アクティベートラボ
障害者2級の代表が運営する、障害者の「知りたい!」を叶える本格情報サイトをご紹介

障害者専用SNS「OpenGate」( https://open-gate.jp ) の運営や新しい障害者雇用制度に取り組んでいる、株式会社アクティベートラボ(本社:東京都新宿区、代表取締役:増本裕司、以下アクティベートラボ)は、 身体障害者版「OpenGateおまとめ検索」に並んで、精神障害者版の情報検索サイト「OpenGateおまとめ検索」α(アルファ)版をリリースしました。 精神障害者版「OpenGateおまとめ検索」 ( https://mental.opengate.site/ ) 精神症状によって様々に分かれる精神障害を種類分けして、検索結果をサムネイル表示と共に表すサイトを構築いたしました。


◼︎精神障害者の検索を早く、便利に、豊かにする「OpenGateおまとめ検索」



( 株式会社アクティベートラボ 代表取締役:増本裕司)

精神障害者版「OpenGateおまとめ検索」は、約12年前に脳出血により右半身麻痺・身体障害者2級になった、障害者の当事者である代表によって立案・開発されました。


代表の増本は、高次脳機能障害と吃音・失語による精神障害と右半身麻痺による身体障害から社会復帰するまでの過程で、「自分の障害に最適な情報にアクセスすること」に不自由さを感じていました。

例えば、うつ病と一口に言っても、適応障害を起こしている方と気分障害を起こしている方では、求めている情報が違います。

しかし、インターネット上では「うつ病」と一括りにされていたり、更には雇用情報などの情報で、「精神障害」とまとめられていたりと、中々検索が難しく、健常者とのデジタルデバイド(=IT情報格差)が生じてしまったりします。

そこで、その問題を解決するために役立つのが精神障害者版「OpenGateおまとめ検索」です。

このサービスを使うことで、自分の精神障害・症状を画面選択すると、インターネット上に散らばっているそれぞれの精神障害・症状に関連した情報をまとめて閲覧することが出来ます。

Ýoutubeのサムネイルをも表示結果に含めており、関連動画もすぐに視聴することが可能です。


◼️検索出来る精神障害のご紹介!症状によって違う精神障害




精神障害者版「OpenGateおまとめ検索」を使っていただくにあたって、自分の精神障害を選択し、情報を閲覧出来きます。

具体的に、サイト内では精神障害をこのような分類で分けています。


「うつ病/躁鬱病(適応障害)」、「うつ病/躁鬱病(気分障害)」、「パニック障害・PTSD等(不安障害)」「統合失調症」「解離性障害」「てんかん」「高次脳機能障害」「失語/吃音」


うつ病の中でも、学校や会社でのプレッシャー・いじめ等でおこる「適応障害」と、巷では「日常の気分」と捉えがちで、実は脳疾患である「気分障害」分けて検索出来ることで、より其々にぴったりな検索結果が見つかるようになっています。

また精神障害だと思われない「てんかん」や「失語/吃音」を網羅しています。


■精神障害者版「OpenGateおまとめ検索」で出来るライフハック!



精神障害者版「OpenGateおまとめ検索」で、自分に合った情報がまとまって手に入るようになると、障害者関連の法改定など重要なニュースを見逃さずにチェック出来たり、自分にぴったりな雇用の情報に素早くたどり着けたり、快適な生活のヒントになるなど、生活を様々な側面から豊かにすることが出来ます。


例えば、「パニック障害・PTSD等(不安障害)」の情報では、パニック発作を起こさずに散歩出来る音楽や、当事者のライフハック、パニック障害を緩和する心と体のケアなど様々な情報が集まっています。


自分の障害に最適な知りたい情報を素早く叶えてくれる精神障害者版「OpenGateおまとめ検索」。是非ご利用ください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)