広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

アイウェアの市場規模、2026年に1,960億米ドル到達見込み

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「アイウェア市場:世界の業界動向、市場シェア・規模・成長率・機会・将来予測 (2021年~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を7月7日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/imarc988428-eyewear-market-global-industry-trends-share-size.html



市場の概要
アイウェア市場は、2020年に約1,320億米ドルの価値に達しました。今後、2021年から2026年までの年平均成長率は約7%で、2026年には1,960億米ドルに達すると予測されています。

アイウェアとは、視力矯正のため、あるいは光、破片、有害な放射線、厳しい環境変化などのさまざまな外的要因から目を保護するために、個人が着用する製品を指します。メガネ、サングラス、コンタクトレンズを含むこれらの製品には、通常、炭素繊維、ガラス、プラスチックで作られた膨大な種類のフレームとレンズが使用されています。これらの製品は、視力を向上させ、紫外線(UV)が目の網膜や水晶体を傷つけるのを防ぐため、医療関係者に広く推奨されています。また、明るい日差しや長時間のデジタル機器の使用によって引き起こされる頭痛や偏頭痛の軽減にも効果があります。さらに、疲労による目の負担を軽減する効果もあります。さらに、近視や遠視などの視力障害を治療したり、その可能性を最小限に抑えたりすることもできます。

眼科疾患の増加が市場成長の原動力に
アイウェア市場を牽引しているのは、世界的な眼疾患の罹患率の上昇です。成人の部分的・重度の視力障害や、子供の近視・遠視の増加に伴い、障害の拡大を防ぐための適切な処置としてアイウェアの需要が高まっています。これに加えて、目の炎症、ドライアイ、CVS(Computer Vision Syndrome)、複視など、視力に関連するその他の障害の発生も、特に社会人の間で顕著に増加しています。これは、ノートパソコン、スマートフォン、タブレット端末の長時間使用による目の負担が原因と考えられます。そのため、耐久性に優れたグレアフリーの処方箋付きアイウェアの需要が高まっています。また、世界中で高齢者人口が増加していることも、成長を促す大きな要因となっています。高齢者は、白内障や加齢黄斑変性症(AMD)などの致命的な眼疾患と診断されることが多いからです。そのため、多くの政府機関や非政府機関が、これらの視力障害に対する予防策や治療法についての情報を提供し、啓蒙活動を行っています。これにより、いくつかのアイウェア製品の導入が増加しています。

スマートグラスの導入が市場の成長を促進する
急速な都市化と大衆の美的製品への嗜好の高まりにより、目をダメージから保護しながら自分の外見を向上させる手段として、流行のデザイナーズサングラスやメガネの採用が増えています。また、高級アイウェアやプレミアムアイウェアの売上が増加しているのは、個人の購買パターンが進化していることや、社会的地位を主張したり高めたりすることを好む傾向が強まっていることにも起因しています。そのため、プレイヤーは、光学設計や素材、高度なコーティングを改良した製品を導入しています。また、多数の主要プレイヤーがスマートグラスを市場に投入しており、ユーザーの間で広く普及することが期待されています。これらのメガネは、一般的に拡張現実(AR)と統合されており、様々な情報を収集して保存するために内部および外部のセンサーを採用しています。また、必要な情報をメガネのレンズに投影しながら、他のデジタル機器を制御したり、データを取得したりする機能も備えています。これらのメガネは、ナビゲーションアプリを便利に利用したり、リアルタイムの通知をスマートフォンで確認するために広く利用されています。また、一定期間の歩数や距離、消費カロリーなどを記録することで、ユーザーの体力測定にも利用できます。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc988428-eyewear-market-global-industry-trends-share-size.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社280社が発行する調査資料約9万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)