医療・医薬・福祉 スポーツ・アウトドア

【GO! VANTELIN PROJECT 記者発表会】ゴルフ界のスーパースター二人が初共演!TV-CMなど新しいプロジェクトとして展開 

興和株式会社
歴代最多となるツアー82勝を成し遂げたタイガー・ウッズ選手が登場 「長い間、バンテリンのサポートが支えでした。」松山英樹選手からもウッズ選手への祝福とバンテリンへ感謝のメッセージ

興和株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:三輪 芳弘、以下「興和」 )は、タイガー・ウッズ選手と松山英樹選手が夢の共演をする「GO! VANTELIN PROJECT」の始動を記念して、2019年10月28日(月)にタイガー・ウッズ選手をお招きし、ヒルトン成田にて記者発表会を開催しました。







「GO! VANTELIN PROJECT」概要発表

はじめに早川常務が「GO! VANTELIN PROJECT」について発表しました。「今回のプロジェクトでは、バンテリンがサポートを続けてきた、ゴルフ界のスーパースターの二人が初めて共演し、テレビCM放映・交通広告や消費者参加型の店頭キャンペーンなどを実施していきます。これからもタイガー・ウッズ選手と松山英樹選手を通じてブランドイメージの更なる向上を目指していきます。」と今回のプロジェクトに対する期待と熱い想いを語りました。


タイガー・ウッズ選手から長年の興和のサポートに感謝のメッセージ



同日に行われた大会で歴代最多に並ぶPGAツアー82勝目という偉業を成したタイガー・ウッズ選手がステージに姿を見せると、会場からはひときわ大きな拍手が送られました。興和の三輪社長とステージ上で熱い握手を交わしたタイガー・ウッズ選手からは、「バンテリンは私のことを8年間という長い間サポートしてくれました。私は腰や膝を痛めているので、バンテリンからのサポートが支えでした。また、三輪社長も毎年私を応援し、素晴らしいサポートをいただき、大変嬉しく思ってます。」と、これまでのバンテリンと三輪社長のサポートに対する感謝の気持ちが伝えられました。

タイガー・ウッズ選手のコメントを受けて三輪社長は、「本日の大会でタイガー・ウッズ選手が優勝された時は大変驚きました。タイガー・ウッズ選手だけではなく、松山選手も準優勝ということで、“バンテリンワン・ツーフィニッシュ”となったことに大変嬉しく、非常に光栄です。タイガー・ウッズ選手は何度も手術を受け、いつも怪我を乗り越えて快挙を成し遂げました。その姿は素晴らしく、尊敬します。」と、コメントしました。


松山英樹選手からもコメント

発表会後、大会スケジュールが変更になった都合で会場に姿を見せられなかった松山英樹選手から、
優勝したタイガー・ウッズ選手への祝福と、バンテリンへの感謝のメッセージが届きました。

「みなさま、こんにちは。松山英樹です。タイガー・ウッズ選手、優勝おめでとうございます!
大会が本日に持ち越したことにより次戦の会場である上海へ直ぐに移動しなければならず、出席できなくなくて申し訳ございません。バンテリンには私も5年に渡りサポートいただいておりまして、三輪社長、そして興和の皆様に心よりお礼申し上げます!
今後も、バンテリンと共に、夢に向かって、頑張っていきたいです!
また、ウッズ選手と共に、GO! VANTELIN PROJECTを盛り上げていくことを楽しみにしています!
よろしくお願いします。松山英樹」


「GO! VANTELIN PROJECT 記者発表会」概要

実施日時:  2019年10月28日(月)13:00~
実施会場: ヒルトン成田 2階 ロイヤルホール[千葉県成田市小菅456]
登壇者 : 興和株式会社 代表取締役社長 三輪 芳弘
      取締役常務執行役員 早川 卓宏
      医薬事業部 セルフケア営業本部 営業企画部 マーケティング課 課長 園部 浩史
ゲスト : タイガー・ウッズ 選手


《プロジェクトメンバー》





タイガー・ウッズ

1975年12月30日生まれ、身長185cm、体重84kg。
米国カルフォルニア州サイプレス出身。1996年プロ転向。
歴代2位のメジャー優勝15回、PGAツアー通算81勝。
史上2人目のトリプルグランドスラム達成。
生涯獲得賞金額1億ドルを突破し歴代1位。




松山英樹

1992年2月25日生まれ、身長180cm、体重90kg、B型、レクサス所属。
愛媛県松山市出身。2013年プロ転向。
東北福祉大学在学中(当時19歳)には、日本アマチュアゴルファーとして初めてマスターズに出場、ローアマチュアを獲得した。日本ツアールーキー最多タイの年間 4勝をあげ史上最速(16試合)で獲得賞金2億円突破、史上初のルーキーイヤー賞金王に輝く。2014年よりPGAツアーフル参戦、既に日本人最多のPGAツアー5勝。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会