美容・健康

株式会社DomuzがCBDキャンディ#Geeksを福利厚生としてオフィスに導入

株式会社フレークス
福利厚生CBDキャンディで業務も快適に!?

株式会社Domuz(本社:神奈川県川崎市高津区、代表社員:高木弘貴、以下Domuz)が、株式会社フレークス(本社:東京都千世田谷区、代表取締役社長:佐藤憲一、以下 フレークス)が製造販売しているCBD配合キャンディ『#Geeks(ギークス)』(以下、#Geeks) を福利厚生の一環としてオフィスに導入しました。また導入インタビュー記事を公開しました。


フレークスは、CBDの特徴に着目し、社会が抱える課題を解決するCBD製品を企画、開発、製造、販売までを一貫して行うヘルステックカンパニーです。2021年2月にCBD製品の第一弾としてエンジニアおよびオフィスワーカー向けCBD配合のキャンディ『#Geeks』を発売しました。このたび、観葉植物オンラインストア「AND PLANTS(アンドプランツ)」を運営するDomuzが福利厚生の一環として『#Geeks』を導入したことをお知らせいたします。法人の福利厚生としての導入は初の試みとなります。



Andplantsについて
AndplantsはDomuzが運営する「部屋に、眺めを。」がコンセプトの観葉植物のオンラインストアです。ライフスタイルに合わせた「パーソナル診断」や、環境に配慮したプランターとのコーディネートにより、植物に詳しくない方でも自分にぴったりの観葉植物を暮らしに取り入れることができるサービスです。

公式サイト:https://andplants.jp/
Instagram:@andplants.jp
twitter:@andplants_jp






Domuz社メンバーからの声


僕自身エンジニアでコードを書くことがあるのですが、CBDキャンディを舐めてデスクに向かうと集中力が上がるような気がします。あとCBDを抜きにしてキャンディ単体として純粋に美味しいのがありがたいです。疲れたときは甘いものが欲しくなるので、作業中の気分転換にも利用しています。

⇒導入インタビューはこちら:https://note.com/fleex_cbd/n/n40f52a8fce25




#Geeksについて
#Geeksは『コードとストレスと戦うエンジニアのためのキュアポーション』をコンセプトに、北欧の有名CBDメーカーブランドの高品質なCBDを使用、日本の製造メーカーと共同で製造した世界初のエンジニア向けCBDキャンディーです。1粒当たりCBDを10mgと配合し、仕事に集中するのにちょうどより分量となっております。味は爽やかなグレープソーダ味です。

公式商品ページ:https://www.for-geeks.jp/





ご利用シーン





導入企業様募集
『#Geeks』のを企業として導入していただける企業様を募集しております。エンジニアのパフォーマンスアップやストレス解消のために福利厚生の一環として導入してみてはいかがでしょうか?Twitter DMもしくはメール(本リリースの最後に記載)にてお気軽にお問い合わせください。

株式会社Domuzについて


所在地 :神奈川県川崎市高津区末長3丁目27-29 シュール21 101
事業内容 :グリーンフラワー事業、メディア事業、システム開発、LP/コーポレートサイト制作
代表者 :代表取締役社長 高木 弘貴
https://domuz.jp



フレークスについて
フレークスは、CBDの特徴に着目し、社会が抱える課題を解決するCBD製品を企画、開発、製造、販売までを一貫して行うヘルステックカンパニーです。他にもCBDを活用した食品、化粧品など様々な商品を企画開発中です。ご期待ください。




所在地 :東京都府中市幸町1−37−2
事業内容 :健康食品・化粧品の開発製造、マーケティンッグ支援、システム開発
代表者 :代表取締役社長 佐藤憲一
URL: https://fleex.jp
twitter: @fleex_cbd


CBDについて
CBD(カンナビジーオール)は、植物のヘンプ(麻)に含まれる成分の1つです。WHO(世界保健機関)が安全性を認めており、世界的で注目されている化学物質です。『リラックス感』や『フォーカス感』を得られると言われており検証が進められています。

お問い合わせ
株式会社Fleex
URL: https://fleex.jp
email: contact@fleex.jp
twitter: @fleex_cbd
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)