医療・医薬・福祉 パソコン

ベトナム国初、国内で開発された健診システムを提供開始

Ominextグループ株式会社
Ominextグループの子会社であるOmiCare株式会社は(社名:OmiCare株式会社(以下:OmiCare、カナ:オミケア)、住所:13F, 789 Office Building, 147 Hoang Quoc Viet, Cau Giay District, Hanoi, VN、代表取締役:チャンクォックズン)ベトナム国内医療機関向けに健康診断管理システム(以下:健診システム)を開発し、サービス提供を開始しました。


ベトナム国では企業労働者や団体職員への定期健診が1年に1回法制化して義務化されています。健康診断の実施は健診センターでは無く、病院、診療所で実施される事が一般的です。
健康診断での情報管理や健診の業務管理は病院、診療所の既存の電子カルテシステムで行われて、まだこの健康診断の為の特殊の健診システムが在りません。健康診断の業務が一般の診療の業務と違って、健診のデータ量や種類も治療と異なりますので、運用上で非常に困っているという声が現場から上がっています。

よって健康診断専用のシステム構築ニーズが高まってきています。
そこで、OmiCareはベトナム国で初めての独自の健診システムを開発し、2021年6月よりベトナム国内で医療機関向けにシステム提供し運用を開始しました。




受付からフォローアップまで全ての健康診断の業務をシステムで行う事が可能になり、定期健診の現場より利便性が向上したとの勝算の言葉が寄せられています。
更にOmiCareの健診システムの特徴としては健診システムと共に企業向けの従業員の健康情報管理システムと個人向けの健康情報管理アプリ(PHRアプリ)を同時に提供する事です。それによって、企業と個人の顧客は健康診断の結果をどこでも、いつでも参照する事が可能になります。
2021年6月26日にハノイで日系診療所さくらクリニックにシステム提供を開始しました。




今後、OmiCareはベトナム国内に医療機関に健診システムを展開していきます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)