美容・健康 医療・医薬・福祉

潰瘍性大腸炎・クローン病(IBD)患者向けZoomイベント「IBDストレス解消交流会&リラクゼーションヨガ」開催のお知らせ (大阪IBD・Gコミュニティ共催)

株式会社ジーケア
潰瘍性大腸炎・クローン病等の炎症性腸疾患(Inflammabotry Bowel Disease:IBD)オンラインコミュニティ「Gコミュニティ」を運営する株式会社ジーケア(所在地:東京都千代田区・代表取締役 堀田伸勝、宮崎拓郎、以下「ジーケア」)は、大阪府で活動しているIBD患者会「大阪IBD」と共催でZoomイベント「IBDストレス解消交流会&リラクゼーションヨガ」を開催することをお知らせします。


【イベント概要】
タイトル:IBDストレス解消交流会&リラクゼーションヨガ
日時: 2021年8月8日(日)10時00分~12時00分
対象: IBD患者、IBD患者のご家族・パートナー、支援者 (居住地域は問いません)
開催形式: オンライン (Zoom)
概要:
大阪IBD、Gコミュニティの紹介を行なった後、グループに分かれて交流会を行います。その後休憩を挟んでヨガを行います。ヨガでは、アメリカで登録栄養士としてIBD患者とも関わってきた岡井氏をインストラクターとして招き、呼吸法や座りながらのヨガなど、身体に負担の少ない動きを中心に行う予定です。

当日の流れ:
10時00分~10時05分  ご挨拶、本日の流れ・諸注意の説明
10時05分~10時15分 大阪IBD、Gコミュニティの紹介    
10時15分~11時15分  交流会 テーマ「ストレス解消法・リラクゼーション」他
11時15分~11時25分  休憩
11時25分~11時55分  ヨガ 
11時55分~12時00分  振り返り・ご挨拶
*交流会は顔出し必須ではありません。カメラOFF・ニックネームでの参加が可能です。

ヨガインストラクター:
岡井麻悠子 
東京生まれ、カリフォルニア育ち。2009に米国登録栄養士取得後8年間に渡りロサンゼルスで病院の臨床管理栄養士として勤務。Cedars-Sinai Medical Centerアソシエイトディレクターなどを経験。2017にヨガ講師RYT200取得。病院を退職後、摂食障害で悩んでいる方向けにインテュイティブ・イーティングとヨガを合わせたコーチングを提供し現在に至る。2020はコロナ禍、直感に従い日本に移住を決意。現在自然豊かな長野県安曇野での生活を満喫。モットーは直感を大切に、自分らしく生きる。

申込方法:下記サイトより事前にお申込みください。参加費は無料です。
https://gcareglobal.com/event-4/

申込締め切り:2021年8月7日(土曜日)17時まで

【背景】
IBD患者さんは日常的に腹痛・下痢などの消化器症状を抱えていることに加え、症状が悪化すると入院が必要となることもある難しい疾患です。また、大阪IBD患者会オリジナル調査(図1,2)によるとストレスを起因として症状を悪化する患者さんが両疾患とも最も多く、ストレス管理をどのように行っていくかについて課題を抱える患者さんも多くいることから、今回大阪IBDと共催で「IBDストレス解消交流会&リラクゼーションヨガ」と題したZoom交流会とヨガを組み合わせたイベントを開催するに至りました。

<図1. 潰瘍性大腸炎の再燃のきっかけと感じられるもの>



<図2. クローン病の再燃のきっかけと感じられるもの>


出典
大阪IBD発行 「生活の工夫と食事について243人のIBD患者さんに聞きました!」
★この小冊子には、IBD患者さんの声や知恵がいっぱい詰まっています。
大阪IBDホームページに全面公開しておりますので、ご覧下さい。
URL:https://osakaibd.xvoj.com/wp-content/uploads/2021/07/%E8%B3%87%E6%96%99%E2%91%A2%E3%80%80%EF%BC%92%EF%BC%94%EF%BC%93%E4%BA%BA%E3%81%AEIBD%E6%82%A3%E8%80%85%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AB%E8%81%9E%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%EF%BC%81.pdf


参考資料

1. 大阪IBDについて
大阪IBDは、潰瘍性大腸炎とクローン病(総称IBD)の患者による患者のための団体です。昭和61年2月に会が発足し、会員数は約170名です。「IBD患者に笑顔を取り戻すために」 医療講演会・交流会・会報発行・情報提供・各種相談業務など、地道な活動を続けています。
病気コントロールが一番重要です。加えて、専門医や病院のかかり方、同病者との語り合いなども大切です。受験・就学・就職就労・結婚・出産と、人生の大事なライフステージに発症することが多いIBD、少しでも、その力になればとの想いで、患者会を続けています。一度、お尋ねください。
大阪IBD:https://osakaibd.xvoj.com/

2.株式会社ジーケア、Gコミュニティについて
米国ミシガン大学留学中に出会った堀田伸勝(消化器専門医・医学博士、2021年5月よりほりた内科・胃腸内視鏡クリニック開業)、宮崎拓郎(米国管理栄養士・公衆衛生学修士)、鈴木紀之(経営学修士)が2018年9月に創業した会社です。
2019年7月にIBD患者オンラインコミュニティ「Gコミュニティ」を開始しました。Gコミュニティは、IBD患者さんとその家族らを対象とした医療の専門家(医療従事者・研究者)と患者さんが一緒に作るクローズドオンラインコミュニティです。2019年7月にサービスを開始し、6月末時点で登録者は1600名を超えています。
Gコミュニティ:https://gcarecommunity.com/

3.炎症性腸疾患について
炎症性腸疾患は、腸管の粘膜に潰瘍ができる炎症性の疾患です。症状は、腹痛や下痢、下血などで、多くの場合は症状が軽快する「寛解」と悪化する「再燃」を繰り返し、QOL(生活の質)を低下させます。本疾患は、発症メカニズムが未だ解明されておらず、厚生労働大臣により「指定難病」に指定されています。 国内患者数は、潰瘍性大腸炎が約22万人、クローン病が約7万人で、近年、増加する傾向にあります1)。
1)厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」班による
「潰瘍性大腸炎の皆さんへ 知っておきたい治療に必要な基礎知識」(2020年3月改訂)、
「クローン病の皆さんへ 知っておきたい治療に必要な基礎知識」(2020年3月改訂)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)