出版・アート・カルチャー その他

アートで創造的なアイデア募集!テーマはニュー(ノーマル+クリエイティブ)ライフ。横浜・象の鼻テラスでは、駅や公園など公共空間での創造的で楽しい「過ごし方」のアイデアを募集しています!

横浜市
象の鼻テラスでは、すべての人の創造性が生きる公共空間を目指し、アートプロジェクト「FUTURESCAPE PROJECT(フューチャースケープ・プロジェクト)」を推進中です。 3回目の開催となる今年のテーマは、「ニュー(ノーマル+クリエイティブ)ライフ」。象の鼻テラスが掲げる過ごし方のヒント「FUTURESCAPEPROJECT 12カ条」に即して、創造的で楽しい公共空間の「過ごし方」のアイデアを募集します。




https://zounohana.com/schedule/detail.php?article_id=1553

今年で3回目の開催となるFUTURESCAPE PROJECT。世界的課題となっている新型コロナ感染症との共存やSDGsの達成に貢献することを目指し、「食」「健康」「環境」「災害」「花と緑」「教育」の6分野にフォーカスをあて、公共空間を活用した社会実験事業や教育普及事業、国際交流事業などに取り組みます。
今年度のテーマは「ニュー(ノーマル+クリエイティブ)ライフ」!
コロナ禍で日常は大きく変化し、自分自身の"暮らし方"を見つめ直す機会をもたらしました。パラダイムシフトが起きた状況下においても創造的に、楽しく、変化を受け入れていくような、ニューライフのあり方を模索・提案します。
FUTURESCAPE PROJECTでは、新しい暮らしの12カ条を掲げました。公募プログラムでは、この12カ条に即して公共空間を活用する「過ごし 方」のアイデアを募集します。展開場所は、象の鼻パーク、象の鼻テラス、日本大通り駅、仮想空間です。選考の結果、実際に展示・実演されたアイデアの中から、ユニークなものを各審査員が選出し、表彰いたします。皆さまのご参加をお待ちしています。

- FUTURESCAPE PROJECT 12カ条(フォーカステーマ)-
1. アートを飾る (教育)
2. 花、植物を育てる (花と緑)
3. 音楽を楽しむ、本を読む (教育)
4. 自然の中で過ごす (災害)
5. 大切に使い続ける (環境)
6. 誰かを思いやる、助ける (教育)
7. 省エネルギーで過ごす (環境)
8. 食べるを考える (食)
9. 身体を動かす (健康)
10. 自分たちでつくってみる (災害・環境)
11. 他者と対話する (教育)
12. 自分のニュー(ノーマル+クリエイティブ)ライフを考えてみよう (全体)

■応募期限
2021年7月31日(土)必着

■応募方法
指定の応募用紙に必要事項を記入の上、メールまたは郵送でお送りください。
詳細はこちらをご確認ください。
https://zounohana.com/schedule/detail.php?article_id=1553



■ZOU-NO-HANA FUTURESCAPE PROJECT 2021 開催概要
FUTURESCAPE PROJECTは、「CREATIVE EXPERIMENTーすべての人の創造性が生きる公共空間を目指して」をテーマに実施しているプロ ジェクトです。SDGsの達成、カーボンニュートラルの実現など、今日的かつ世界的な社会課題の解決に貢献するために、アーティストや市民、 企業、団体、大学など、さまざまな立場の人々と協働し、公共空間の活用実験や、次世代のための教育普及事業、国際的な対話と交流事業などを展開します。

□2021テーマ:
NEW(NORMAL & CREATIVE)LIFE
ニュー(ノーマル+クリエイティブ)ライフ

□会期:2021年10月2日(土)~10 月24日(日)
□時間:(平日・日曜)10:00 ‐ 18:00 (金・土曜) 10:00 ‐20:00
 【コア期間】 2021年10 月2 日(土) 10:00 ‐ 3 日(日) 20:00(34 時間)
  *駅のみ 10月2日 24:00~ 10月3日 5:00 閉鎖
□会場:象の鼻パーク、象の鼻テラス、みなとみらい線日本大通り駅 三塔広場
□主催:象の鼻テラス
□協賛:株式会社FREEing
□協力:横浜高速鉄道株式会社

■お問合せ先
象の鼻テラス
TEL / 045-661-0602
E-mail / info@zounohana.com

■WEBサイト:https://zounohana.com/schedule/detail.php?article_id=1553
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)