広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

気道管理デバイスの市場規模、2026年に25億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「気道管理デバイスの世界市場・COVID-19の影響 (~2026年):タイプ (気管内チューブ・気管切開チューブ・LMA・中咽頭・鼻咽頭・喉頭鏡・ブジー)・用途 (麻酔・救急医療)・エンドユーザー (病院)・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を7月13日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/mama1005294-airway-management-devices-market-by-type.html




気道管理デバイスの市場規模は、2021年の19億米ドルからCAGR5.8%で成長し、2026年には25億米ドルに達すると予測されています。救急・集中治療室での入院患者数の増加、喘息やCOPDなど慢性呼吸器疾患の流行、高齢者の増加、医療インフラ投資の増加、先進国での有利な償還制度、早産の発生率の高さなどが、市場の大幅な収益拡大の要因となっています。また、単回使用の気道管理デバイスの採用が大幅に増加しており、ベンダーに大きな成長機会を提供しています。さらに、外科手術の増加に伴い、新興国で需要が高まっていることも、市場のベンダーに新たな機会をもたらしています。

一方で、熟練した専門家不足、気道管理デバイスの新生児への影響の可能性、市場参加者に対する価格圧力の高まり、新興国における償還政策の欠如などが、今後の市場成長を抑制すると予想されます。

COVID-19の気道管理デバイス市場に与える影響

COVID-19パンデミックにより、救急治療部門やICUへの患者の受け入れが急増しています。重度の感染症患者は、呼吸不全や低酸素飽和度の低下に直面し、人工呼吸器などの陽圧装置を必要とすることが多くなっています。その結果、気道管理デバイス、特に単回使用の装置の需要が高まっています。非侵襲的な気道管理法ではウイルス粒子のエアロゾル化のリスクがあるため、侵襲的な気道管理法による挿管を必要とする患者数が増加しています。医療施設でCOVID-19患者やその他の患者の気道管理を行う医療従事者は高いリスクを負っているため、単回使用の機器の需要が高まっています。しかし、COVID-19の感染を回避する必要性やベッド数の不足から、外科手術の件数は全体的に減少しています。また、政府は医療行為や選択的手術に制限を課しています。これにより2020年にはバックログが発生しました。COVID-19の感染拡大が減少すれば、手術件数の急増が予想されます。


牽引要因: 救急・集中治療の需要の高まり

感染症、慢性疾患、心疾患などの患者は、気道の合併症を起こすことが多く、早急な処置が必要となります。同様に、交通事故の被害者やその他の外傷を負った人々は、安全を確保するために即時の気道確保を必要とします。このようなケースから、気道管理デバイスの需要は世界的に高まっています。CDCの2019年の健康データによると、米国における18歳以上の成人の救急外来受診者数は、1997年から2018年の間に約8.67%増加しています。救急現場では、蘇生器、喉頭鏡、バッグバルブマスク、ラリンジアルマスクエアウェイなどの気道管理製品を使用して、閉塞のない気道通過を確保し、患者の重症度を判断しながら、閉塞した気道や困難な気道を効果的かつタイムリーに管理しています。そのため、救急部門や集中治療室での重症患者や外傷患者の入院数の増加が、気道管理デバイスの需要を押し上げています。さらに、COVID-19パンデミックの発生により、世界的に医療システムが逼迫しており、世界各地の救急医療部門やICUへの入院が増加とともに、人工呼吸への需要が高まっています。

抑制要因発展途上国での償還政策の欠如
発展途上国では、償還制度が非効率的で、公的な医療保険が適用されていないため、高価な気道管理デバイスの導入が進んでいません。例えば、世界銀行グループによると、発展途上国の人々は、医療サービスを受けるために、一人当たり年間約80米ドルを自己負担しています。このような自己負担は、途上国の貧困層の経済状況に深刻な影響を与えており、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジへの支援が不足しています。この状況では、慢性疾患やCOVID-19のリスクに備えることができず、医療保険の導入を困難にしています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1005294-airway-management-devices-market-by-type.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)