美容・健康 企業向けシステム・通信・機器

【8/27(金)無料ライブ配信】日本人の2人に1人は一生のうち1度は”がん”に罹患し、そのうち3人に1人は就労期間中に罹患しています。「治療しながら働く両立支援」のコツとは?

バイオコミュニケーションズ株式会社
人事・労務・健康管理のご担当者を対象に、「働きながら治療する両立支援」における病気と就労の問題を取り上げ、この分野のスペシャリストの先生をお招きし、両立支援の取り組みのヒントを解説いたします。

企業・団体様向け健康管理システム「Heal-DB」の開発・提供、健診機関様向け健診業務管理システムの提供をするバイオコミュニケーションズ株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:佐々木由津子)は、「新横浜ウエルネスセンター」を健康経営支援拠点として設立・運営し、働く皆さまの健康保持・健康増進のためのセミナーやイベントを開催しています。 本セミナーは「健康経営セミナー」と題しまして、第一部「病気と就労~がん~」、第二部「横浜健康経営認証セミナー」構成で無料のオンラインセミナーを開催いたします。 主催:新横浜ウエルネスセンター 共催:バイオコミュニケーションズ株式会社 ▼2021年 8月 27日(金)セミナー申し込みはこちら https://www.shinyoko-wellness.com/past/seminar_20210827.html




◆セミナー概要

第一部(講義:病気と就労 ~がん~)

日本人の2人に1人は一生の内1度は“がん”に罹患し、そのうち3人に1人は就労期間中に罹患しています。この比率は、就労者の高齢化が進む中、ますます高くなる傾向にあります。一方“がん”は、診断・治療技術の進歩により、治る病気となってきています。このような状況の中「働きながらがんを治療する人達」が職場に増えていきます。第一部では、この分野のスペシャリストである立道昌幸先生にご登壇いただき、健康経営における職場での対応のあり方などをお話しいただきます。

第二部(横浜健康経営認証について:横浜市健康福祉局より)
横浜市は、人も企業も輝く横浜をめざし「横浜健康経営認証」制度を推進しています。「横浜健康経営認証」の概要及び応募用紙の記載方法についてのセミナーを実施します。本年度のお申込みは6月15日~9月30日の日程で募集が既に始まっています。応募全般に関する質疑応答の時間も設けておりますので認証取得を考えている企業のご担当者様はぜひご参加ください。

※第一部のみ、第二部のみのご参加も可能です。



◆講師

東海大学医学部教授 基盤診療学系衛生学公衆衛生学
医学博士
労働衛生コンサルタント 日本産業衛生学会指導医
立道 昌幸(たてみち まさゆき)先生

(経歴)
1987年 産業医科大学医学部卒業
     臨床研修後、ソニー(株)本社専属産業医
2001年 WHO IARC(世界がん研究機構)
2005年 昭和大学医学部衛生学助教授
2013年 東海大学医学部基盤診療学系衛生学公衆衛生学教授
     専門は、職域におけるがん対策とVDT対策
     現在職域における感染症総合対策の研究代表

『講師よりメッセージ』
今日の健康経営としては、がんでの労働損失が大きく、がん対策は不可欠です。がん対策としては、がんに罹った方の就労の問題、両立支援が取り上げられます。一方で、がんを対象とすると、早期がんと進行がんでは両立支援の難易度が格段に違います。つまり、健康経営的に考えると、両立支援はどれだけがんに罹らないようにするのか?これを一次予防と呼びます。また、早期に見つけるがん検診をセットと考えることが重要です。つまり、両立支援については、がんと診断され、治療する段階で最も重要な時期になります。 本セミナーでは、この点の流れの「コツ」を分かり易く解説したいと思います。


◆タイムスケジュール
14:50~    Zoom接続開始時間
15:00~15:05 総合司会より挨拶・セミナー内容の説明
15:05~15:45 【第一部】講義「病気と就労 ~がん~」
15:45~15:55 休憩
15:55~16:00 総合司会より第二部のご案内
16:00~16:30 【第二部】横浜健康経営認証について(横浜市健康福祉局)
16:30~16:40 質疑応答(チャットにて受付)
16:40~16:45 総合司会よりお知らせ・セミナー終了


◆セミナー詳細
●日 時:2021年8月27日(金)15:00~16:45(Zoom接続開始:14:50~)
●参加費:無料
●使用ツール:Zoomミーティング(オンライン配信のみの開催です)


▼▼2021年 8月 27日(金)セミナー申し込みはこちら▼▼
https://www.shinyoko-wellness.com/past/seminar_20210827.html
(お申込み期限:8月24日(火)迄)


■「新横浜ウエルネスセンター」について
健康経営を目指す企業を支援するために横浜市が開設し、バイオコミュニケーションズ株式会社が事業会社として運営している健康経営支援拠点です。
横浜市内企業はもちろん、全国的に健康経営を目指す企業を支援します。

■バイオコミュニケーションズ株式会社について
産業保健スタッフの業務効率化を支援する健康管理システム「Heal-DB」をはじめ、健診機関への予約から健診結果まで健診に関わる業務代行サービスなど、企業・団体の産業保健に係る健康管理業務をトータルサポートいたします。

健康管理システム「Heal-DB」の詳細はこちら
https://www.e-bio.co.jp/service/heal-db.html
健診業務代行サービスの詳細はこちら
https://www.e-bio.co.jp/service/kenshin.html

《本セミナーに関するお問い合わせ先》
バイオコミュニケーションズ株式会社
神奈川県横浜市港北区新横浜2-15-10 YSビル7F
URL:https://www.e-bio.co.jp/
TEL:045-470-8001(平日9:00~18:00)
e-mail: ask@ii-bio.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)