医療・医薬・福祉

台湾漢方クリニック「意一堂」が漢方の魅力を発信する展示を台北松山空港で開催

意一堂日本株式会社

台湾・台北市に位置する漢方クリニック「意一堂(イイチドウ)」が2019年3月14日(木)~6月14日(金)に台北松山空港にて「漢方・意一堂」をテーマにした展示を行います。漢方医学は数千年を経て、未だに進化しています。時代の流れに合わせて変化しながら、台湾人の食衣住に大きな影響を与えており、文化の一つになっています。漢方の理論では、天地の間の万物は「薬」と考えます。展示では、自己診断のチャートも用意しており、漢方の視点からご自身に合ったアドバイスもご覧いただけます。漢方医が診察するかのように、自分の生活習慣を見直すことができます。今回の展示を通して、生薬についてもっと知っていただき、「精神と身体」のバランスを整えるきっかけをご提供いたします。

今回は、日本の建築家片桐和也氏*を迎え、漢方の生薬をアーティスティックに表現するオブジェも展示されます。出発する前に漢方の知識と世界観を知ることができる特別な空間をご提供いたします。

片桐和也氏のプロフィール:
2004年に工学院大学工学部建築学科を卒業し、2007年にイリノイ工科大学建築学部修士課程を入学。同校卒業後、Universidad de Monterrey の非常勤講師を経て、隈研吾建築都市設計事務所に勤務。2014年にkad | katagiri architecture+designを設立。

│意一堂について│
意一堂は台湾台北に位置し、漢方医の江錦輝(チャン・キンキ)氏*が40年間運営する漢方クリニックと薬局です。こだわった医術と豊富な臨床経験を持ち、漢方の知恵と哲学を世間に伝えています。

江錦輝氏のプロフィール:
国際中華經脈臨床医学監事、国立中国医薬研究コンサルタント、全国中医代表。意一堂を開業し現在に至る。民国80年(1991年)には「爪診断法」と望診・聞診・問診・切診を組み合わせ、正確に病気を診断するという方法で、学会に注目される。

│開催概要│
テーマ:漢方・意一堂
展示言語:日本語・中国語(繁体字)・英語
開催期間:2019年3月14日(木)~6月14日(金)
開催場所:松山空港(台北市松山区敦化北路340-9)搭乗口5~6付近
日本語HP:http://www.tw-essentia.com/jp/
展示のメインビジュアル
生薬と漢方の処方箋
生薬と漢方の処方箋
台北意一堂クリニック外観
医師・江錦輝
企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会