美容・健康

九州地方知事会に「ミューズ」薬用消毒ハンドジェル 2万7,000本寄贈 ~度重なる自然災害などの「避難所での衛生対策」にお役立ち~

レキットベンキーザー・ジャパン株式会社
レキットベンキーザー・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区東五反田/代表取締役:シャイレッシュ・シュクラ)は、九州地方知事会(会長 広瀬 勝貞(大分県知事))へ、当社の殺菌・消毒・除菌ブランド「ミューズ」の薬用消毒ハンドジェルを、3年間で合計2万7,000本を寄贈することとなり、7月9日(金)に目録贈呈式をオンライン形式で行いました。


現在、衛生はかつてないほど重要なものとなっています。当社は日本だけでなく世界の衛生とヘルスケアのリーディングカンパニーとして、「清潔で健やかな世界」の実現を目指しています。
昨今九州地方は、地震や豪雨災害などに度々見舞われており、大変に災害の多い地域であります。そんな中、新型コロナウイルス感染症の拡大が始まり、各地の避難所での衛生対策が大変重要な課題となり、更には新型コロナへの感染を恐れ、避難所に避難したくても出来ないという人たちも多くいる現実を目の当たりにしました。災害で被災し苦しんでいる方々が更に感染リスクを負っている状況に対し、少しでも被災者の方々の不安を軽減し、避難所での衛生対策に貢献したいという思いから寄贈をさせていただくことになりました。

▼目録贈呈式での登壇者コメント

九州地方知事会 会長 広瀬 勝貞(大分県知事)様 (上)レキットベンキーザー・ジャパン株式会社代表取締役 シャイレッシュ・シュクラ(下)

【レキットベンキーザー・ジャパン株式会社代表取締役 シャイレッシュ・シュクラ コメント
九州は美しく素晴らしい世界的にも有名な地域であると同時に、多くの自然災害に見舞われている。こういった厳しい状態に直面している九州の人々の安心にお役に立てることを願っている。
【九州地方知事会 会長 広瀬 勝貞(大分県知事)様 コメント】
避難所における衛生対策は、九州のどこの避難所でも大きな課題となっている。避難所備蓄用物資として、必要な時に大事に使わせていただきたい。

寄贈内容
■商品名:ミューズ 薬用 消毒ハンドジェル
■数量:計2万7,000本 ※9,000 本(各県1,000 本)×3年間
(2020年度、2021年度、2022年度)


指定医薬部外品 販売名:薬用アルコールジェルCB
ミューズ概要
「ミューズ」は、1953年に薬用固形せっけんとして誕生して以来、キッチン用や様々な香り付き、泡タイプ、ノータッチ泡ハンドソープ自動ディスペンサーなど、様々な商品を発売して参りました。私たちの使命は、人々の身体と家族をバイ菌から守り、健やかな生活を実現すること。そのために私たちは人々に、革新的な製品を提供していきます。(https://www.musejapan.jp/

九州地方知事会概要
九州地方知事会は、福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県・山口県の9県の各知事で構成され、政府と九州及び山口県、又は各県相互間の連絡提携を緊密にして、地方自治の円滑な運営と進展を図ることを目的として設立されました。(https://www.pref.oita.jp/chijikai/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)