交通・運輸・輸送 医療・医薬・福祉

北原病院グループ(医療)・株式会社住宅工営(不動産)・キャピタル交通株式会社(タクシー)/東京都八王子市で「見守り駆付け」サービスを開始。/キャピタル交通株式会社

キャピタル交通株式会社
在宅高齢者に向けた、見守り・暮らしの困りごとをサポート。

八王子市内を中心に、異業種連携による高齢者見守り・駆付け体制を構築。医療・不動産・タクシーの三位一体により安心して暮らせる地域社会を目指します。





北原病院グループ(医療法人社団KNI、株式会社KMSIなど 東京都八王子市:理事長 北原茂実)・株式会社住宅工営(東京都八王子市:代表取締役 齋藤祥文)・キャピタル交通株式会社(東京都八王子市:代表取締役 磯史洋)の3社は、医療・不動産・タクシーのそれぞれの分野の特徴を生かし、八王子市内を中心に周辺地域において新しい高齢者の見守りサービスの共同提供を開始することで合意しました。






本サービスでは、スマートフォンやPCなどのIT機器の利用が困難な高齢者でも簡単に扱える機器を提供し、3社が連携することにより「医療相談」・「日々の見守り」・「タクシー配車(通常配車・駆付け・買い物同行)」などを効率的に行う事ができます。
団塊の世代が2025年頃までに後期高齢者(75歳以上)に達することにより、介護・医療費等社会保障費の増加や、それらの方を支える社会体制の不備が懸念される2025年問題を解決する一つの手段と考えております。





北原病院グループは、医療のプロが生活全般をサポートする会員制のサービス「北原トータルライフサポート倶楽部」を、住宅工営は(住宅難民となりうる)高齢者向け賃貸の付随サービス並びに独居・老々介護高齢者に対し端末の設置・提供・管理サポートを、キャピタル交通は、既存のIP無線とタクシーを活用し、本サービスに向け特定の研修受講を修了した乗務員による24時間駆付けと付き添い同行を、といった各社の既存のソリューションを活用し、北原茂実が提唱する、八王子を安心・安全・健康な街にする「八王子モデル」の実現を目指します。

本サービス提供にあたり特別講習を受けたタクシー乗務員が携行する研修修了証

北原病院グループ、住宅工営、キャピタル交通は、超高齢社会において今後さらに加速する社会問題を解決するために「同一地域異業種による連携体制」の強化に取り組んで参ります。


【医療法人社団KNI】

東京都八王子市を拠点とする医療法人社団。八王子市内で脳と心臓の疾患に対して予防、救急・手術、リハビリテーション・在宅まで一貫した医療を提供している。急性期病院である北原国際病院は24時間365日救急患者の受け入れを行なっており、脳血管疾患の取り扱い数において東京都で上位の実績を誇る。

【株式会社KMSI(Kitahara Medical Strategies International)】

医療を「総合生活産業」と捉え、医療・健康・生活に関わる事業の開発、運営を行なっている。八王子市を超高齢社会でも市民が安心・安全・健康に生きられる街にする「八王子モデル」の実現を目指し、AIやITを活用し医療業務の効率化と質の向上を目指す「デジタルホスピタル事業」や医療のプロが市民の生活全般を支援する「北原トータルライフサポート倶楽部事業」などに取り組んでいる。その他、「日本医療の輸出事業」、過疎地における持続可能なまちづくりを行う「地方創生事業」にも取り組んでいる。

【株式会社住宅工営】

住まいだけでなく暮らしもデザインする総合不動産会社として、東京都八王子市を中心に賃貸・売買・管理、土地開発から遊休不動産活用等もおこなっています。高齢者・福祉事業として社会問題である住宅確保要配慮者(シニア・障がい者・外国人など)の方々に対し、「楽しく、自由に、自分らしく」をモットーに独自のライフサポート付賃貸物件を提供しております。

【キャピタル交通株式会社】
キャピタルモータースグループの一角として、東京都八王子市を中心に、酒蔵タクシーやワインツアータクシーなどの観光ツアーや、空港への定額運賃を率先して設定するなど、新規サービス展開に力を入れているタクシー会社です。介護職員初任者研修やヘルパー二級資格を取得している乗務員が運行しお手伝いを行う「介護支援タクシーサービス」も展開しています。

■参考サイト

医療法人社団KNI
https://kitaharahosp.com/

株式会社KMSI
https://kitaharamsi.com/

株式会社住宅工営
https://jutakukouei.com/

キャピタル交通株式会社
http://www.capital-kotsu.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)