流通 美容・健康

株式会社 世田谷自然食品の機能性表示食品「イチョウ葉」が出荷累計個数100万個突破!イチョウ葉サプリメントの通販部門で2020年売上ランキングNo.1も獲得!

世田谷自然食品
機能性表示食品「イチョウ葉」が出荷累計個数100万個※1突破!イチョウ葉サプリメントの通販部門で、2020年売上ランキングでNo.1獲得!※2

株式会社 世田谷自然食品(本社:東京都世田谷区 代表取締役社長:河西 英治)が販売する機能性表示食品「イチョウ葉」が出荷累計個数100万個※1突破しました!また、イチョウ葉を主成分とするサプリメント(通販チャネル)の2020年売上ランキングで、NO.1※2を獲得しました。 ※12021年7月時点(当社調べ) ※22020年1月~2020年12月におけるイチョウ葉を主成分とするサプリメント(通販チャネル)の売上ランキング (2021年3月 TPCマーケティングリサーチ(株)調べ)




こだわり1 イチョウ葉エキスの有用性
イチョウ葉エキス※3を継続的に摂取し続けることにより、認知機能の一部である記憶の精度や判断の正確さが有意に向上することが報告されています。






対象:認知症を発症していない健康な高齢期の成人50名(60-70歳)
試験食:イチョウ葉エキス80mgを含む食品※3、もしくは、対照品※4 摂取期間:8ヶ月
※3 イチョウ葉フラボノイド配糖体24%以上、イチョウ葉テルペンラクトン6%以上の規格
※4 イチョウ葉エキスを含まない、外観・味・においなどが同じ食品
(Pharmacopsychiatry 36,127-133,2003 改変引用)上記の事例は、研究レビューの対象となった論文のうち、代表的1報を事例として掲示。

こだわり2 原料のイチョウ葉の葉は1枚1枚手摘み
世田谷自然食品の機能性表示食品「イチョウ葉」に使われているイチョウは、広大な専用農地でこの原料のためだけに栽培されており、農薬や化学肥料は一切使用されていません。さらに、機能性関与成分含有量が多い樹齢1~5年の若木の葉のみを厳選し、全て手摘みで1枚1枚丁寧に採取しています。


機能性表示食品 届出表示
本品にはイチョウ葉フラボノイド配糖体、イチョウ葉テルペンラクトンが含まれます。イチョウ葉フラボノイド配糖体、イチョウ葉テルペンラクトンは、加齢によって低下する脳の血流を改善し、認知機能の一部である記憶(認知した言葉・物のイメージ・体験を思い出すこと)の精度や判断の正確さを向上させることが報告されています。



機能性表示食品「イチョウ葉」(届出番号:B430)
約1ヵ月分 90粒入(300mg×90粒)
1粒のサイズ:約9mm
通常価格2,800円(税込3,024円)

原材料名
イチョウ葉エキス末、ショウガ末、ビタミンE含有植物油/還元麦芽糖、デキストリン、セルロース、酵素処理ヘスペリジン、ステアリン酸カルシウム、シェラック、加工デンプン、ビタミンB12

栄養成分表示(3粒(0.9g)当たり)
エネルギー3.56kcal、たんぱく質0.01g、脂質0.03g、炭水化物0.81g、食塩相当量0.001g
1日の摂取目安量当たりの機能性関与成分の含有量
イチョウ葉フラボノイド配糖体30mg、イチョウ葉テルペンラクトン7.2mg

機能性表示食品「イチョウ葉」商品ページ
https://www.shizensyokuhin.jp/products/detail.html?prod_id=6211&c_cd=001001

世田谷自然食品について
当社の名前の由来は、自然の素材を大切に使った商品作りと、地域に貢献する会社になることを願って、世田谷自然食品の名前をつけました。
当社は「自然のちから」を生かすモノづくりをしています。特に品質にはこだわり、保存料・合成着色料などをできるだけ排除し、体にやさしい自然の素材を多く使った商品作りを目指しております。
日本国内だけでなく、世界中の自然素材を厳選し、これからも「自然のちから」を活かした商品づくりを追求していきます。

世田谷自然食品 会社概要
社名:株式会社 世田谷自然食品
設立:2001年7月
本社:〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-10-1
代表者:代表取締役社長 河西 英治
資本金:5,000万円
事業内容:健康補助食品・自然派化粧品・自然派食品の通信販売

自然の恵みをお届けします。
世田谷自然食品公式サイト
https://www.shizensyokuhin.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)