医療・医薬・福祉

千葉市稲毛区に看護小規模多機能型居宅介護施設「看護多機能ハウスいなげ」オープン!

社会福祉法人生活クラブ
2021年8月1日(日)、千葉県千葉市稲毛区に「看護多機能ハウスいなげ」がオープンいたします。 この施設は、生活と福祉の複合施設「生活クラブいなげビレッジ虹と風」内にある建物に新規事業として開設されます。利用者定員28名の看護小規模多機能型居宅介護施設(*1)です。


生活クラブいなげビレッジ虹と風(生活クラブ風の村いなげ)
(*1)「看護小規模多機能型居宅介護」・・・介護が必要な利用者が自宅で自立した生活が送れるようにサポートし、心身機能や生活機能の維持・向上を目指すサービスを指します。施設への「通い」をはじめ、利用者の自宅への「訪問」や短期間の「宿泊」といった介護の種類を利用者の状況に合わせて組み合わせ柔軟に提供します。

【特徴】
訪問看護ステーションの事業を併せ持ち、地域の医療機関や在宅療養に精通した経験豊かな看護師のもと、医療ケアが増えた状態で退院した場合でも、例えば尿道カテーテルを装着した状態の管理や人工呼吸器の管理、床ずれの処置、骨折などの機能回復、脳梗塞後遺症の日常生活動作回復などについてもご本人の力を最大限活用しながら家で生活し続けるサポートをします。

【誕生の背景】
住み慣れた地域で生まれてから亡くなるまで家で自分らしく生活することを望む人は増加しています。介護が必要になった時に家で介護を受けたいと回答した人は73.5%(2016年調査)でした。家族の年齢や、家族の年代ごとの目的を叶えつつ介護を継続することには限界もあります。日常の生活を続けながらの慣れない医療管理や毎日の食事介助や排泄介助などです。

看護多機能ハウスは在宅療養の相談から、ご自宅へ訪問する介護職員、看職員のケアや、必要な時間に合わせて昼間だけ多機能ハウスで過ごすデイサービス、宿泊サービスなどをご本人や家族の状況に合わせて地域で暮らし続けることができるよう地域の資源も活用しながら調整します。病院で亡くなることが多い昨今、特にコロナ禍では、家族と面会もできず一人で息を引き取るようなことさえ起きています。生活クラブ風の村では、家族に見守られ、安らかに生を閉じるという当たり前を取り戻すことを一緒に応援します。


【法人概要】
会社名:社会福祉法人生活クラブ(生活クラブ風の村)
所在地:千葉県佐倉市王子台1-28-8 ちばぎん臼井ビル4F
代表者:池田 徹
設立: 1998年4月8日
URL: https://kazenomura.jp/
事業内容:
千葉県内で特別養護老人ホームなどの高齢者施設、障がい児者支援施設、児童養護施設、保育園、相談事業所など、幅広い事業に取り組み、人生のすべてのステージで必要とされる支援、応援をすることをめざしています。
「誰もがありのままにその人らしく地域で暮らすことができるように」と、支援する人もされる人も、地域の一員として役割を持ち、ともに社会を作っていく。地域づくりの視点から福祉を考え、取り組んでいます。

【お問い合わせ先】
社会福祉法人生活クラブ(生活クラブ風の村)
看護多機能ハウスいなげ
(併設 訪問看護ステーション稲毛)
TEL:043-309-0165 (月~金・10時~17時)
住所: 千葉市稲毛区園生町1107-7

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)