アパレル・ファッション 美容・健康

レッグウォーマーの「ほどよいくつろぎ感」で仕事効率アップ!?

岡本株式会社
足首を温める「靴下サプリ まるでこたつシリーズ」販売足数合計 前年比180%

 国内靴下売上高No.1(※1)のレッグウェア製造卸販売・岡本株式会社(本社:大阪市西区・本店:奈良県広陵町、代表取締役社長:岡本哲治)は、『日常的な活動の中で足もとを整えることにより、ココロとカラダを健康で美しい状態に導いていく』ブランド「靴下サプリ」の人気商品「まるでこたつシリーズ(ソックス、レッグウォーマー、足首ウォーマー)」を現在、店頭展開中です。  「まるでこたつシリーズ」は、独自の編み方で“三陰交”という足首のツボを温熱刺激して温めるレッグウェアです。2015年の発売以来人気を博し、累計販売足数が、20万足を突破(※2)しました。また、2018年の「まるでこたつシリーズ」販売足数の合計は、前年比180%(※3)と好調に推移しています。


靴下サプリ

※1・・・2019年8月2日付繊研新聞による。
※2・・・2015年~2018年 岡本株式会社出荷ベース。シリーズ商品「ソックス」「レッグウォーマー」「足首ウォーマー」「MENソックス」全て含む。
※3・・・2017年と2018年の販売足数比較。岡本株式会社出荷ベース。


寒い冬、オフィスでの足冷えがパフォーマンスの低下に?
 「寒い冬、オフィスでの足冷えがパフォーマンスの低下につながる可能性があります。」と、日本催眠学会名誉理事長・古賀良彦先生は指摘しています。オフィスを再現した実験では、顔より足もとの温度が約5度も低いという結果(岡本(株)調べ)も出ています。今回は、このような状況での仕事効率を上げるためのポイントを古賀先生に伺いました。




 古賀先生:「オフィスで働く女性は、緊張感などから、自律神経の中でも交感神経の働きが高まりすぎた状態になっています。そのため、抹消の血管が狭まり、特に女性の場合は手足に冷えを感じる方が多いようです。更に、寒い冬のオフィスでは、暖房の暖かい空気は上に溜まることが多いため、足もとが寒くなってしまいます。
このように、交感神経の働きが高まった足冷えの状態では、仕事効率が上がらない、パフォーマンスが低下してしまうなどの可能性があります。」


仕事効率向上の鍵は『ほどよいくつろぎ感』
レッグウォーマーならオフィスでももとあたたか
 古賀先生:「オフィスでの仕事効率を上げるためにポイントとなるのは、『ほどよいくつろぎ感』です。仕事をするには、緊張しすぎても、リラックスしすぎていても効率はあがりません。ほどよいくつろぎを感じることで仕事効率の向上につながる可能性がありますそのオフィスでの『ほどよいくつろぎ感』におすすめなのが『レッグウォーマー』ですオフィスで靴をはいたままでも、気軽に着用することができます。緊張感があって交感神経が優位になりがちなオフィスでは、『レッグウォーマー』が、ほどよく足を温めて血流を改善し、副交感神経の活動を活発にしてくれます。自律神経のバランスが整えられて、人が活動するのにちょうど良い状態になるのです。

オフィスでお勧めのレッグウォーマー


 自律神経は、体の全ての器官の活動をコントロールします。自律神経が整えば、脳を含む全ての器官の活動がスムーズになります。脳は体全体を支配している器官なので、脳の活動がスムーズになれば、認知、判断、行動を整然と行います。結果として、体の動きが良くなる、つまり、ものをしっかり見たり、しっかり聞いたり、さわったり、それを元に的確な行動ができるようになります。行動するには、様々な記憶力、注意力を保つことが必要ですが、自律神経のバランスが整えば、それらが程よく活性化されるのです。この程よい活性化が、仕事パフォーマンスの向上に繋がるんですね。」と、アドバイスをいただきました。


オフィスにもおすすめ!「まるでこたつレッグウォーマー」
 岡本株式会社の「靴下サプリ まるでこたつシリーズ」は、ネーミングのわかりやすさ、足もとを温めたいという消費者ニーズの一致により、発売から大人気商品となりました。中でも『まるでこたつレッグウォーマー』は、オフィスなどで手軽に着用できるアイテムとしてご利用いただいています。今後も「足もとから、ちょっといいこと」をコンセプトに、「まるでこたつシリーズ」を「靴下サプリ」の1アイテムとして、全国で展開していきます。


まるでこたつシリーズ


温熱刺激 (特許第6043982号)
独自の編み方により、足首のツボである三陰交を温めます。さらに、東レ株式会社、東洋紡株式会社、岡本株式会社の3社共同開発の特殊保温・発熱素材を使用し、今までより温かい靴下を実現しました。
※明治国際医療大学と共同開発


まるでこたつシリーズ



<販売先>
■東急ハンズ、ロフト、他
■公式オンラインショップ:https://shop.okamotogroup.com/top/CSfTop.jsp


日本催眠学会名誉理事長 古賀良彦先生プロフィール 
医学博士。昭和21年 東京都世田谷区に生まれる。昭和46年慶応義塾大学医学部卒業後、昭和51年に杏林大学医学部精神神経科学教室に入室、平成2年に助教授、平成11年に主任教授となり現在に至る。日本催眠学会理事長、日本ブレインヘルス協会理事長、日本薬物脳波学会副理事長、日本臨床神経生理学会理事等を務める。


【会社概要】
会社名  :  岡本株式会社 / OKAMOTO CORPORATION
創 業  :  1934年(昭和9年)
設 立  :  1948年10月(昭和23年)
事業内容 :  各種レッグウェアの製造卸販売
        (紳士・婦人・子供靴下、パンティストッキング、タイツ、編み技術を利用した関連商品)
本 社  :  〒550-0005 大阪市西区西本町1丁目11番9号
本 店  :  〒635-8550 奈良県北葛城郡広陵町大字大塚150番地の1
資本金  :  9,744万円
代表者  :  代表取締役社長 岡本哲治
従業員  :  476人(グループ計:1,527人 2019年4月現在)
売上高  :  425億円(2019年3月期連結)
販売先  :  全国主要量販店、スポーツアパレル等

【お客様からのお問い合わせ先】
岡本株式会社 お客様相談室 TEL:0120-551975
平日10:00~17:00(土・日・祝日、年末年始・夏期などの特別休業日を除く)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会