医療・医薬・福祉 美容・健康

インフルエンザの流行が去年の8.7倍、すでに学級閉鎖も。新宿駅前クリニックでワクチン接種スタート

医療法人社団SEC
新宿駅西口から徒歩1分にある新宿駅前クリニック内科(東京都新宿区)では、2019年度のインフルエンザワクチン接種を開始しました。 例年では寒さが厳しくなる12月~1月にインフルエンザ患者数のピークが訪れますが、本年は夏休み明けの9月から感染者が増加。すでに学級閉鎖を実施している小中学校が数多く出ています。





厚生労働省の発表によると9月9日から15日までの1週間だけで、全国に約5000ある定点医療機関の患者数が、昨年同時期の8・7倍に達しました。この時点で学級閉鎖や休校が、43都道府県で累計490施設にまで及んでいます。


■流行の状態によっては、インフルエンザワクチンが不足することも


インフルエンザの患者数はその年によって異なるため、感染者が増えてしまうとワクチンが不足してしまう可能性が出てきます。

近年では2017年に、東京保険医師会から厚生労働省に向けて「インフルエンザワクチン不足の解消を求める緊急要望書」が出されました。「ワクチンが不足しているが、接種希望者に優先順位をつけることはできない」「在庫が切れそうなため、今後の接種スケジュールが立てられない」といった医療現場が抱えるワクチン供給体制の課題に対し、国に早急な対応を求めたのです。

現時点ではどの医療施設でも十分な量のストックがあるはずですが、今後の流行具合によっては今年もワクチンが不足してしまうような状況になってしまうかもしれません。そうした事態に皆さんが直面しないためにも、本格的に寒くなる前の今のうちに予防接種をされることをおすすめします。


■当院は患者さんにとって、身近にあるコンビニのような存在を目指します





会社にお勤めの方や子どもを育てているお母さんなど、「インフルエンザの予防接種はしたいけれど、病気になっていない段階ではクリニックへ行く時間がなかなか取れない」と感じる方も多いのではないでしょうか。

私たち新宿駅前クリニックは新宿駅西口1分・南口2分の立地を生かし、忙しい皆さまが思いついた時にすぐ立ち寄れる、コンビニエンスストアのような医療機関でありたいと考えています。

そのため、予約不要で19時まで診療。医師の数を多くし、待ち時間の短縮に努めています。

さらに血液検査や泌尿器科領域の検査など、結果が出るまでに数日かかるものはインターネット上で検査結果を確認できる仕組みも用意しました。ドラッグストアと総合病院の中間に位置するような、いつでも気軽に立ち寄ってもらえる存在を目指しています。


■新宿駅前クリニックについて





新宿駅西口徒歩1分・南口徒歩2分の立地。内科、皮膚科、泌尿器科を標ぼう。

1日あたり約400人、年間でおよそ10万人が来院。

予約不要で夜間まで受診が可能なことや、検査結果がWEBページで確認できるシステムを完備していることが多忙な患者さんに評価を受けている。


診療時間
午前 10:00-14:00 午後 15:30-19:00
※受付は診察終了時間の15分前まで、初診の方は18時までの受付となります

休診日】土日祝日


WEBサイト
https://www.shinjyuku-ekimae-clinic.info


住所
東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F


アクセスマップ
https://www.shinjyuku-ekimae-clinic.com/access.html


電話番号
03-6304-5253
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会