スポーツ・アウトドア 美容・健康

「ハイアルチ 春日スタジオ」8/21(土)プレオープン!標高2,500mの空間で<細胞からきたえる>日本初の高地トレーニング専門スタジオ

ハイアルチ
持久力の向上から脂肪燃焼・アンチエイジングまで。今までにないエクササイズ体験。ツラくない、本格。そのトレーニングは、未来です。30分で2時間(R)分の運動効果をお試しください。

時短・カンタン!高地空間で行える、たった30分の筋トレプログラム導入店舗です。 WEB先行入会受付中!(8月20日(金)〆切) ★☆★☆WEB先行入会キャンペーン開催!★☆★☆


WEB先行入会限定特典
☑︎入会金11,000円(税込) →無料!
☑︎事務手数料5,500円(税込) →無料!
☑︎初回体験料3,000円(税込) →無料!
☑︎心拍計ベルト2,200円(税込)→今だけ無料プレゼント!
☑︎会員種別に関わらず、9月末までは通い放題!
☑︎先着100名様限定で月会費が永久に1,100円(税込)OFF!!

今が一番おトクな、WEB先行入会キャンペーンをお見逃しなく!(8月20日(金)〆切)

先行入会はこちら:https://www.kaihipay.jp/forms?form_code=3530094759133015
体験予約はこちら:https://web.star7.jp/mypage/mobile_info.php?p=79900a34a6



■たった30分歩くだけで2時間分の運動効果!短時間で効果的な運動を。

「ハイアルチ」とは、high altitude(高地状態、ハイアルチテュード)から取った造語で、高地トレーニングをベースに「細胞から鍛える」トレーニングプログラムが体験できる、日本初の高地トレーニングスタジオ™です。
ハイアルチが独自開発した設備で作り出された2,500m級の山と同程度の”高地状態の空間”で運動ができます。
高地のような低酸素状態にいるだけで体に負荷がかかるため、高地トレーニングは、きつい運動をせずとも高い効果を得ることができ、その効果は30分歩くだけで、通常の2時間分の運動に匹敵するといわれます。
その効率性の高さから、多くのトップアスリートが採用してきたトレーニング方法です。

このように高い効果のある高地トレーニングですが、高地を求めて海外遠征が必要であったり、室内トレーニングの場合もマスク等高価な機材が必要であることから、一般的にはあまり利用されてきませんでした。
そんな常識を覆し、空間をまるごと高地状態にすることで、高地トレーニングを日常での手軽なものとして提案する日本初の高地トレーニングスタジオ「ハイアルチ」です。

そんなハイアルチに、文京区初の「春日スタジオ」が8月21日(土)にプレオープンします。

競技大会に参加するような本格志向の方から、
短時間で手軽に取り組むことができるため、運動不足な初心者の方まで、幅広くご利用いただけます。
また、気圧に変化もないため、「高山病」などの心配もなく、安心して取り組んでいただけます。

[ 春日スタジオ ]

住所 :〒112-0002 東京都文京区小石川1-24-4 Hill manor koishikawa 102
(都営三田線「春日」駅(A5出口)徒歩6分、東京メトロ南北線「後楽園」駅(出口8)徒歩7分、都営三田線「白山」駅(A1出口)徒歩10分)

Tel:03-6810-9480(東日本橋スタジオ内 開業準備室)
Mail: kasuga@high-alti.com

営業時間
平日:7:00~13:00 16:00~22:00(最終受付時間21:00まで)
土曜:7:00~19:00(最終受付時間17:50まで)
日祝:7:00~17:00(最終受付時間15:50まで)

定休日:毎週月曜日、夏季・年末年始
※体験期間中は全日9:30オープン


店舗HP:https://highalti-kasuga.com/

[ 料金 ]
ラン&ウォーク体験料 通常3,000円(税込)→ 無料!
入会金:11,000円(税込) →無料!

[ WEB先行入会プラン ]
先着100名限定、月会費が永久に1000円割引キャンペーン開催中!

デイ会員(10,000円(税込11,000円) → 9,000円(税込9,900円) ):月4回/平日7~13時
ウィークワン会員(12,000円(税込13,200円) → 11,000円(税込12,100円) ):月4回/フルタイム
スタンダード会員(16,000円(税込17,600円) → 15,000円(税込16,500円) ):月8回/フルタイム
プレミアム会員(19,000円(税込20,900円) → 18,000円(税込19,800円) ):通い放題(月30回まで)/フルタイム



■“細胞から鍛える”
低酸素状態での運動によって、赤血球が増加し、心肺機能を強化、持久力の向上に。そして、ミトコンドリアの活性化を促し、脂肪が燃焼しやすい体へ!


「ハイアルチ」での運動は、自走式ランニング機械を使用したウォーキング/ランニングです。
スタッフが心拍数や血中酸素濃度を計測しながら、トレーニング内容をプランニング・コントロールしてくれるので、無理なく目的に合ったトレーニングが可能です。

高地のような低酸素環境下での運動のメリットは、効率よく酸素を取り込めるようになることでの、スタミナ向上/持久力アップだけに留まりません。乳酸の増加を抑制するため、疲れにくい体づくりにもつながります。

また、ミトコンドリアが活性化することで、効率よく脂肪を燃焼させられるようになり、痩せやすい体へと変わっていきます。しっかり汗をかいて、カラダの内側からデトックスしてみませんか?

さらに、ミトコンドリアが自身をリサイクルする機能「ミトファジー™」によって、老化予防(アンチエイジング)などの美容効果まで多様な効果が見込むことができます。

今までにないエクササイズ体験。
ツラくない、本格。
そのトレーニングは、未来です。
30分で2時間分の運動効果をお試しください。




(ハイアルチルームはイメージ写真)


★☆★☆先着100名限定、永久に月会費が1000円割引キャンペーン開催!★☆★☆

先行入会はこちら:https://www.kaihipay.jp/forms?form_code=3530094759133015
体験予約はこちら:https://web.star7.jp/mypage/mobile_info.php?p=79900a34a6

■動画:ハイアルチで持久力の向上、疲れにくいカラダに




■動画:ハイアルチの脂肪燃焼効果のワケ




■50人以上のプロ選手も認めるハイアルチ

マラソン、登山家にとどまらず、サッカー、ラグビー、空手、格闘技、ダンス、水泳など様々な分野の選手が取り入れています。
ハイアルチでは、プロ選手向けの、パーソナルトレーニングもご用意しています。


(イメージ写真)

■時短・カンタン!高地空間で行える、たった30分の筋トレプログラム

春日スタジオでは高地空間で行える筋トレプログラムをご用意しております。
効率的なメニューで、時短・カンタン!引き締まったカラダづくり、基礎体力向上を「30分の筋トレ」で実現します。
必要な筋肉をつけることで、肥満、糖尿病、運動不足の改善を目指せます。

ラン&ウォークと組み合わせることで、効果をさらに加速させます。


(イメージ写真)

■さらに、春日スタジオでは、15歳以下対象の「ジュニアプログラム」を実施!

春日スタジオでは、15歳以下対象の「ジュニアプログラム」をご用意しております。

ハイアルチのスタンダードプログラムは16歳以上を対象としておりますが、ジュニアプログラムは15歳以下を対象とし、安全性に充分配慮した形でトレーニングが行えます。
子供は、大人以上に、一人ひとり成長の仕方が異なります。だからこそ、心拍数や血中酸素濃度をリアルタイムで計測しながら、トレーニング内容をプランニング、コントロールし、ひとりひとりの目的に合った最適なトレーニングを行っていきます。

運動能力が大きく伸びるジュニア期こそ、高地トレーニング。ぜひお試しください。



■ハイアルチの効果を裏付ける理論が、ノーベル医学生理学賞を受賞!

2019年のノーベル医学生理学賞が、細胞が低酸素の状態に適応する「低酸素応答」のメカニズムを解明した3人の研究者に贈られることが決まりました。

生命活動の極めて基本的なプロセスの背後にある構造が明らかになっただけでなく、「低酸素環境」が、貧血やがんなど多くの病気の治療法や治療薬の開発につながる期待がもたれています。

記事はこちら→https://www.asahi.com/articles/ASMB76H5YMB7ULBJ016.html

■High Altitude Management Co., Ltd.会社概要
High Altitude Management(ハイアルチテュードマネジメント)は、これまで海外遠征が必要であったり、マスクなど高価な機材が必要であった高地トレーニングを、空間をまるごと高地状態にすることを実現し、より手軽にライフスタイルに取り入れやすい形でご提供しております。「高地トレーニングを、日常にー」これが、私たちのミッションです。
TEL:03-6912-1820
MAIL:info@high-alti.com
公式HP:https://high-alti.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)