医療・医薬・福祉

アクシスの電子薬歴『MEDIXS(メディクス)』、LINEで使える「投薬後フォロー」機能で調剤薬局と患者さんとのコミュニケーションをサポート

株式会社アクシス
新キャラクター「あなたの薬剤師マモリーナ」がLINE公式アカウント登場

株式会社アクシス(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:近藤 一馬)は、同社の提供するクラウド型 電子薬歴サービス『MEDIXS(読み:メディクス)』の「Medixs 投薬後フォロー」機能において、LINEにも対応が可能になったことを本日発表いたします。


「Medixs 投薬後フォロー」は、より計画的に且つ(かつ)より確実に、患者さんの服薬期間中のフォローを行える機能で、2020年8月に発表されました。今までSMS(ショートメッセージ)、Eメール、電話などに対応していましたが、今回患者さんは「あなたの薬剤師マモリーナ」LINE公式アカウントを友だち追加することで、LINE経由で服薬期間のフォローを受けることが可能になりました。

 「あなたの薬剤師マモリーナ」キャラクター画像  
LINEのユーザー数は8,800万人(2021年3月時点)*と、日本で最も多くのユーザーが利用するコミュニケーションアプリです。LINEの利用により、患者さんと薬局間の連絡が一層簡単にできるようになりました。     
 *LINE株式会社調べ

アクシスは、今後も薬剤師さんにとって使いやすく、便利なサービスを提供して参ります。

参考資料

■ LINEを活用した 『Medixs投薬後フォロー』概要
薬局では患者さんにお薬を渡す際に服薬指導を行いますが、投薬後の服用期間内に薬剤が適切に服用されているか、また身体状態や副作用の発現など、薬物療法の継続に問題がないか等、患者さんにとって重要なフォローアップを実施します。
こうしたフォローアップに関して薬剤師さんと患者さんのコミュニケーションをサポートするのが『Medixs投薬後フォロー』です。
LINE公式アカウントのプロフィール画像

患者さんは、「あなたの薬剤師マモリ―ナ」LINE公式アカウントを友だち追加することにより、本サービスを利用いただけます。

薬剤師さんは、『MEDIXS』の管理画面からフォローアップが必要な患者さんへ質問事項を送ります(Eメール、SMSなどの利用も可能)
患者さんは「あなたの薬剤師マモリーナ」LINE公式アカウントから送られるメッセージのリンクから、Web上のフォローに関するアンケートページへ誘導されます
患者さんは質問事項に回答、返信ボタンを押すだけで操作が終了します
患者さんからの回答は薬剤師さんが確認したのち、ワンクリックでシームレスに『MEDIXS』の薬歴上に反映されるので、薬剤師さんによる薬歴への転記作業は不要です

さらに多様な機能:
 フォロー管理画面で投薬後のフォローアップ予定を管理(ToDo管理機能)
 患者さんへの質問内容や選択肢の編集管理機能


■「LINE公式アカウント」とは
「LINE公式アカウント」は、企業がLINE上に自社の公式アカウントを開設できるサービスです。ユーザーに日常的・高頻度で利用されるLINEを基盤とすることで、配信直後から高い開封率を実現します。また、ユーザーのLINE上での利用動向をもとに推計した“みなし属性” に合わせたメッセージのターゲティング配信が可能です。さらに「Messaging API」を活用することで、自社保有のデータや外部システムの連携が可能になり、One to Oneやセグメントした特定ユーザーに対してメッセージの送り分けをすることで、より最適化されたコミュニケーションが実現できます。

■「あなたの薬剤師マモリーナ」
『MEDIXS』公認キャラクターとして「あなたの薬剤師マモリーナ」が加わりました。
従来からHPやTwitterアカウントなどで活躍していた「クスリーナ」と2名で調剤薬局と患者さんをつなぐお手伝いをしてまいります。
クスリーナ
あなたの薬剤師マモリーナ
■ クラウド型電子薬歴『MEDIXS(読み:メディクス)』について https://medixs.jp/
薬歴情報をクラウドサーバー上に保存し、インターネットブラウザ経由でアクセスする、新しいタイプの電子薬歴です。
PCやタブレットで利用ができるため、訪問先や自宅からでも薬歴の記入や確認が可能です。システムのアップデートも自動で行われ、現場での更新メンテナンスやバックアップは不要です。また、訪問調剤および訪問薬剤管理指導の計画書・報告書・服薬情報等提供書の作成機能も標準で提供されています。
遠隔・オンライン服薬指導にも対応し、患者さんと調剤薬局で働く方の新型コロナ感染リスク低減に役立ちます。
『MEDIXS』は、クラウド型薬歴サービスとして日本で初めて開発・提供され、導入実績が日本で最大級といわれています。*    *いずれも当社調べ 2021年6月現在
 
■ 調剤予約サービス『スマホ よ薬 (読み:スマホ ヨヤク)』*について https://4yaku.jp/
患者さんのスマートフォンや病院に設置したタブレット端末から、院外処方箋画像とアンケートを調剤薬局に送信して、調剤の予約ができるサービスです。
患者さんの薬局内での待ち時間を短縮し、調剤薬局も患者さんが来局するまでの時間でお薬の準備をする事が可能になり、調剤業務に余裕を持つことができます。
不急の外出を削減し、患者さんと調剤薬局で働く方がたと、双方の新型コロナ感染リスクの低減に役立ちます。  *『スマホよ薬』は特許を取得しています

□ 株式会社アクシスについて https://mediaxis.jp/
株式会社アクシスは、医療現場をITで繋ぐ、クラウド型電子薬歴のリーディングカンパニーです。クラウド型電子薬歴『MEDIXS』や、コロナ禍で「3密」削減に貢献する処方箋送付システム『スマホよ薬』を提供中です。
アクシスは先端のITにより、調剤薬局の服薬指導の効率化と品質向上を推進しています。

*「LINE」およびLINEロゴはLINE株式会社の登録商標です
*『MEDIXS』『メディクス』『スマホよ薬』 「クスリーナ」「あなたの薬剤師マモリーナ」は、株式会社アクシスの登録商標です
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)