医療・医薬・福祉

【医療安全管理者様向け】オンラインセミナー「報告で培う患者安全文化-あなたのインシデントレポートがいかされる-」を8月25日(水)に開催

株式会社南日本情報処理センター
医療安全管理 インシデントレポートシステム「e-Riskn」バージョンアップ記念オンラインセミナー

ソフトウェアの開発・販売を行っている株式会社南日本情報処理センター(所在地:鹿児島県鹿児島市、代表取締役:中村 洋、以下MIC)は、2021年8月25日(水)に、「医療安全管理 インシデントレポートシステム「e-Riskn」バージョンアップ記念 報告で培う患者安全文化-あなたのインシデントレポートがいかされる-」を、オンラインで開催します。 ▼お申込みはこちら https://e-riskn.com/seminar/webinar20210825/





開催情報
日時   : 2021年8月25日(水)  15:00~16:10
形式   : Zoomによるオンライン開催
参加費  : 無料
定員   : 90名  ※お申し込み多数の場合は抽選となります。
対象者  : 医療機関の医療安全管理者、関連する職種の方
主催   : 株式会社 南日本情報処理センター


■お申込み方法 : 申込締切り:2021年8月20日まで
WEBフォームからお申込み下さい。:https://e-riskn.com/seminar/webinar20210825/


■講演内容報告で培う患者安全文化-あなたのインシデントレポートがいかされる-
インシデントと聞くと、どうしてもネガテイブイメージが付きまとう。
しかし、「人は誰でも間違える」の精神のもと、報告することが当たり前となると、報告内容の見える化が図られ、事態が重大となる前に改善できる。
インシデントレポートがいかされ、患者安全文化の醸成につながることを、ぜひこの機会に知ってほしい。



講師情報内門 泰斗
鹿児島大学病院医療安全管理部 副部長(医科担当) GRM

【ご経歴】
1997年鹿児島大学卒業
1997年鹿児島大学第一外科入局
2007年鹿児島大学病院消化器センター消化器外科
2014年鹿児島大学病院医療環境安全部安全管理部門 専任
2018年鹿児島大学病院医療安全管理部 専従


医療安全管理 インシデントレポートシステム「e-Riskn
e-Riskn(イーリスクん)は、「医療安全管理者の業務全てを支援する」ことをコンセプトにしたインシデントレポート管理システムです。
インシデント・アクシデントの効率的な収集と、医療安全管理者の業務負担軽減を両立し医療安全の推進と働き方改革に貢献します。

▼「e-Riskn」製品サイト : https://e-riskn.com/


■株式会社南日本情報処理センター 会社概要
代表取締役: 中村 洋
所在地  : 〒891-0115 鹿児島県鹿児島市東開町4-104
事業内容 : コンピュータ及びこれに関連する電子機器のソフトウェアの開発及び販売
URL    : https://www.kk-mic.jp/


本セミナーに関するお問い合わせ
株式会社南日本情報処理センター 医療福祉本部 
TEL  : 099-269-9720
E-Mail: sales-iryo@kk-mic.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)