インテリア・雑貨 流通

63%が禁煙したいと回答!タバコ・電子タバコに関するアンケート調査

STOKE合同会社
【喫煙者対象】タバコ・電子タバコを利用している人の調査アンケート

CBDの情報メディア「STOKE」( https://stoke-llc.co.jp )を運営するSTOKE合同会社は、20~60代の男女100名を対象に「タバコ・電子タバコを利用している人」に関するアンケートを2021年7月10日~7月19日の期間で実施しました。


■【喫煙者対象】タバコ・電子タバコを利用している人の調査アンケート調査


タバコの種類としては「紙タバコ」が5割、「電子タバコ」が4割を占めた
タバコを吸う理由としては「リラックスできる」「気分転換になる」「ストレスがたまるから」など
喫煙者の中で、63%が「禁煙したい」と回答
禁煙したい理由としては「健康のため」「値段が高い」が6割を占めた

《調査概要》
調査テーマ:2021年「タバコ・電子タバコを利用している人」に関するアンケート調査
調査方法:インターネットによる調査
調査時期:2021年7月10日~2021年7月19日
調査対象:20~60代の男女100名


1)あなたの年齢と性別は?


タバコを吸う人の種類としては、男性が65%で女性が35%、年齢層としては20~30代が4割弱、40−50代で5割を占めました。


2)現在吸っているタバコの種類と購入先は?


吸っているタバコの種類としては「紙タバコ」が5割、電子タバコが4割を占めました。

またそれ以外で、ニコチンやタールを含まないVAPEを使用したり、複数類使用する方も一定層いることが分かっています。


3)タバコを吸う時はいつもどこで吸いますか?


タバコを吸う時は基本的に自宅で吸う人が多く、その次に多かったのが職場、次に外という結果になりました。


4)禁煙しようと思いますか?


禁煙しようと思いますか?という質問に対して、「予定がない」と回答した人が37%。そして「将来禁煙する予定である」と答えた人が42%いることが分かりました。

また「既に禁煙しようと思ったが失敗している」という方が21%も存在し、禁煙予定の人と合わせると63%の喫煙者が禁煙について考えている結果となりました。


5)【禁煙する予定はないと回答した方】タバコを吸い続ける理由はなんですか?



タバコを吸う理由としては「リラックスできる」「気分転換になる」「ストレスがたまるから」などの理由が多く見られました。

特に近年では新型コロナウイルスによる自粛の影響によってストレスを溜めている方も多いので、気分転換の1つのツールになっているのかもしれません。


6)【禁煙したいor禁煙する予定の方】タバコを止めたいと思ったきっかけはなんですか?



最後にタバコを止めたいと思ったきっかけに対して、「健康のため」「値段が高い」という回答が6割を占めていることが分かりました。


【まとめ】

タバコの種類としては「紙タバコ」が5割、「電子タバコ」が4割を占めた
タバコを吸う理由としては「リラックスできる」「気分転換になる」「ストレスがたまるから」など
喫煙者の中で、63%が「禁煙したい」と回答
禁煙したい理由としては「健康のため」「値段が高い」が6割を占めた


■会社概要

会社名: STOKE合同会社( https://stoke-llc.co.jp )
本 社: 〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目22番11号 銀座大竹ビジデンス 2階
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)