流通 デジタル製品・家電

動く限り光り続ける安全ライト「ミリオンマイルライト」をMachi-yaにて先行割引販売開始

合同会社KaraSeed



アメリカのクラウドファンディングサイトで約3000名もの支援者を集めたミリオンマイルライト(第一世代を含む)。国内でも2021年4月に1回目の先行割引販売があり、689名の応援購入があった。
そして、7月21日に2回目の先行割引販売がMachi-yaにて開始された。

この人気の背景には、ミリオンマイルライトの新規性、ランニングやウォーキングの人気上昇の2つの要因があると思われる。

◆新規性について
ミリオンマイルライトはLEDで光る安全ライトでありながら、なんと充電も電池も必要なし。上下の揺れで発電し、最大20ルーメンの光で発光(点滅)する。バッテリーが内臓されていないため、動きがあるときのみ発光するが、逆に言えばバッテリー劣化の心配がなく半永久的に使用可能だ。

その点において、ミリオンマイルライトは、国連加盟国が2030年までの達成を目指している国際目標・SDGsにも準拠している製品でもある(※SDGsは次世代に負債を残さない、という思いで各国が目指している目標)

ミリオンマイルライトは人の動作が電源になるため、クリーンなエネルギーを使用。またリチウムイオンバッテリーを使用しないため、レアメタルの発掘に伴う自然破壊などが起きない。そして電池を不要とするため、電池の廃棄などがなく地球にやさしいとのことである。

上記の点からミリオンマイルライトは次世代型安全ライトともいえる製品だ。


◆ランニングやウォーキングの人気上昇
新型コロナウイルスによって人との接触が多い集団スポーツがしにくくなったこと、また在宅ワークで運動量が減った事を背景に、一人で気軽に健康維持を図れるウォーキングやランニングを楽しむ人が増えている。その中でも早朝・夜の暗い時間帯にウォーキングやランニングをする人は多い。
夜の運動には危険が伴うため様々な安全対策用品がすでに出ているが、反射板のように無灯火の自転車には効果がなかったり、ライトのように充電や電池が切れて使えなかったりするものばかりだ。
ミリオンマイルライトはそんな悩みを解決する画期的な安全ライトである。

現在20ヵ国以上の国で使用されており、この日本でも広まることを期待する。


◆商品の取り扱い
輸入総代理店となっている合同会社KaraSeedは、現在、製品の取り扱い店舗を募集している。
詳しくは下記ホームページから問い合わせ可能。
https://www.karaseed.com/contact-business/


◆クラウドファンディング
下記のサイトにて販売中
https://camp-fire.jp/projects/view/357964
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)