美容・健康 その他

「医療ヘルスケアAI・ICT関連重点施策」と題して、厚生労働省/経済産業省/総務省によるセミナーを2021年8月26日(木)紀尾井フォーラムにて開催!!

株式会社 新社会システム総合研究所
新社会システム総合研究所(東京都港区 代表取締役 小田中久敏)は、2021年8月26日(木)に下記セミナーの開催運営事務局を行います。

■会場受講 ■ライブ配信 ■アーカイブ配信 [テーマ] 【厚生労働省/経済産業省/総務省】 医療ヘルスケアAI・ICT関連重点施策


[セミナー詳細]
https://www.ssk21.co.jp/S0000103.php?gpage=21321

[講 師]
厚生労働省 大臣官房 厚生科学課
バイオテクノロジー専門官 伊藤 竜太 氏

経済産業省 商務・サービスグループ ヘルスケア産業課
課長補佐 佐々木 龍 氏

総務省 情報流通行政局 情報流通振興課 デジタル企業行動室
(併)地域通信振興課 課長補佐 佐々木 信行 氏

[日 時]
2021年8月26日(木) 午後1時~4時20分

[会 場]
紀尾井フォーラム
千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート1F

[重点講義内容]
<1>厚生労働省におけるAI・ICT関連の取組について
【13:00~14:00】伊藤 竜太 氏

今後の高齢者の伸びや現役世代の減少を踏まえると、働き手の
増加と医療・介護の効率化が急務となっています。後者の方は、
ロボット・AI・ICT技術の社会実装やデータヘルス改革が期待されます。
特にデータヘルス改革に向けた取組についてご紹介します。
また、保健医療分野におけるAI活用で期待されることとして、
医療の質の向上、医療・介護従事者の負担軽減、新たな治療法の
創出等が挙げられます。これらを実現するための取組について
ご紹介します。

1.データヘルス改革に向けた取組
2.保健医療分野におけるAI活用の推進
3.質疑応答/名刺交換

<2>経済産業省におけるヘルスケアICT関連施策について
【14:10~15:10】佐々木 龍 氏

新型コロナの拡大で国民の健康意識が高まっている一方で、
運動不足やコミュニケーション不足による悪影響も生じており、
ヘルスケアの重要性が高まっている。
本講演ではヘルスケア産業課における政策の全体概要を紹介した
上で、今年4月に総務省、厚労省、経産省の3省で策定した民間
PHR事業者による健診等情報の取扱いに関する基本的指針や、
IoT機器等を活用したヘルスケアソリューションの創出に
向けた取組などを紹介する。

1.ヘルスケア産業課の政策
2.民間PHRサービスの利活用促進
3.IoT機器等を用いた日常生活情報の活用
4.遠隔健康相談の普及促進
5.質疑応答/名刺交換

<3>総務省における医療・健康等分野における取組
【15:20~16:20】佐々木 信行 氏

わが国では、少子高齢化に伴う社会保障費の増大、地域における
医療資源の偏在・格差という課題が生じています。持続可能な
医療の提供体制確保に向け、ICTを活用した遠隔医療の推進や、
個人の保健医療情報の活用による健康増進などの取り組みが重要と
なっています。
今回は総務省における医療・健康等分野におけるICTの活用に
よって社会課題を解決するモデルづくりやICTの活用における
ルールづくりに関する取組みをご紹介します。

1.遠隔医療の普及展開
2.5Gの医療・ヘルスケア分野への活用
3.医療情報の安全管理
4.PHRの推進
5.医療ICT分野の研究開発の推進
6.質疑応答/名刺交換

【事務局】
新社会システム総合研究所
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
Email: info@SSK21.co.jp
TEL: 03-5532-8850
FAX: 03-5532-8851
URL: http://www.ssk21.co.jp

【新社会システム総合研究所(SSK)について】
新社会システム総合研究所(SSK)は、1996年12月6日に設立、創業以来20年以上 法人向けビジネスセミナーを年間約500回企画開催する情報提供サービスを主な事業としております。
SSKセミナーは、多様化するビジネス環境下で、ハイレベルな経営戦略情報、マーケティング情報、
テクノロジー情報等をスピーディーに提供し、事業機会の創出に貢献することを目的としております。
また、セミナー事業を軸に多様なビジネスを展開しており、
セミナー企画運営代行サービス・講師派遣、BtoB広告・受託調査・市場調査レポート販売・セミナーDVD販売等
お客様の事業の成功・拡大に必要な情報、サービスを提供しております。
SSKは常に最先端の情報を発信し、お客様の戦略パートナーであり続けます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)