食品・飲料 暮らし

11月は柚子の季節。旬をふんだんにつかった柚子白玉あんみつを11月2日(土)より販売いたします。冬の訪れに、柚子スイーツをどうぞ。

株式会社船橋屋
株式会社船橋屋(所在地:東京都江東区、代表取締役:渡辺雅司)から11月限定の季節あんみつをご案内。11月2日(土)~11月30日(土)期間中、船橋屋及び船橋屋こよみにて「柚子白玉あんみつ」がお買い求めいただけます。芋・栗・南瓜の次に来るのはさっぱり柚子のあんみつです。


■11月、船橋屋からは季節感じる「柚子白玉あんみつ」をご案内いたします。



「柚子」といえば冬、風邪対策に柚子を取り入れる人も多いのではないでしょうか。
きっとその理由は冬至の日
1年の中でもっとも昼が短く夜が1番長くなるこの日に柚子風呂に入ると、「1年中風邪をひかない」といわれ、日本では江戸時代から広く伝わる習慣となっているのです。

お鍋に合う柚子商品も多く出回りだすこの季節、きっと手に取る機械も増えてきますね。

船橋屋からもみなさまの健康を祈願して「柚子白玉あんみつ」のご案内です。
優しく香る柚子寒天に香り豊かな柚子餡を白蜜でさっぱりいただくこの一品。
柚子餡に練りこまれた柚子ピールがおいしさを際立たせます。
お風呂であたたまった体にさっぱりとしみわたる「柚子白玉あんみつ」はいかがでしょうか。
11月の季節限定商品を、是非お召し上がりくださいませ。

■商品概要
商品名:柚子白玉あんみつ
価格:540円(本体価格)
内容:柚子寒天、柚子餡、赤えんどう豆、求肥、白玉、柚子皮
販売日:2019年11月2日(土)~11月30日(土)
販売店舗:船橋屋・船橋屋こよみ全店
http://www.funabashiya.co.jp/
http://www.funabashiya.co.jp/koyomi/


■船橋屋とは?

船橋屋本店 5月の風景


1805年江戸時代に創業し、2019年で創業214年目を迎えた関東風のくず餅屋。

船橋屋のくず餅は、「小麦澱粉」を450日乳酸発酵させて蒸し上げる【和菓子唯一の発酵食品】。長期間乳酸発酵させているからこそ、独特の歯ごたえと弾力が生み出されます。また、自然のものをそのままお客様にお届けしたいという想いから、保存料を使わない自然な製法にこだわり続けています。発酵食品であり、無添加である伝統和菓子が今、健康を意識する人々から注目されております。
近年、くず餅原料の発酵槽から、くず餅由来の乳酸菌「くず餅乳酸菌(R)」を分離・粉末化させることに成功。今後は、「くず餅乳酸菌(R)」を用いて、新規事業に取り組んでいきます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会