その他 医療・医薬・福祉

グローバルロードセーフティパートナーシップと共同で海外渡航者を対象とした道路交通リスクについてホワイトペーパーを発表

インターナショナルSOS
海外渡航者の死亡事故の主な原因はDuty of Care (海外における企業の安全配慮義務) の見落とし

2019年10月- 交通事故による死者は全世界で年間135万人を超え、世界的に見ると道路上での死亡事故のうち、仕事関連のものが40%と大きな割合を占めています。これに加え、年間2~5千万人の負傷者が発生しています。自動車事故の他にも、自動車の盗難やシェアリングエコノミーに対する懸念事項、個人の安全問題などの関連リスクもあります。インターナショナルSOS財団とグローバルロードセーフティパートナーシップ(Global Road Safety Partnership:以下GRSP) はホワイトペーパー「海外渡航者のための道路交通リスク」(資料:英語) の中で見落とされがちなリスクと社員を守るためのリスク軽減対策を紹介しています。


インターナショナルSOSのリージョナルメディカルディレクターであるLaurent Taymansは次のように述べています。「現在の交通事故は、相当数の死亡事故と後遺症が残る怪我で占められています。交通事故が誰にでも起こりうることと考えると、事故に遭った本人や職務上あるいは個人的に身近な人々の生活だけでなく、企業までもが危険にさらされる可能性を秘めていることがわかります。加えてシェアリングエコノミーのリスクも浮かび上がります。リスクが緩和されない可能性があること、それがますます事業への妨げになるということが組み合わさり悪循環となります」。

新たに増加している道路交通リスクの1つに、セキュリティインシデントがあります。セキュリティインシデントには、自動車の盗難や強盗リスク、そして特急誘拐リスクが含まれます。これは、中央アメリカ、南アメリカ、南アフリカ、ケニア、ナイジェリアなど、主要都市で深刻な問題であり、オーストラリアやサウジアラビアでも増加しています。ライドヘイリングも注意すべきリスクで、企業がこのサービスの使用方針および手順を設定し、対応することが不可欠となってきています。

GRSPのCEOであるDavid Cliff氏は次のように話しています。「交通事故による負担は大きいものです。渡航中のリスクに注意を払うことによって、世界全体の道路上での死亡者と負傷者の数を減らすことができます。移動手段が進化するに従いリスクは変化しますが、社員がこれを認識していることを確認し、渡航先での道路上の安全性に関して理解することが鍵となります。例えば、低い安全基準または極めて不十分な安全基準で、自動車の走行を許可している国もあります。また、道路のインフラや法律の規定、道路安全法の施行が不十分な国もあり、これらのリスクが大きな衝突事故を発生する可能性を上げることになります。発展途上国の中には、先進国と比較して、交通事故による死亡や重傷の発生リスクが10倍に達する国々もあります。こうしたリスクの高い国々の多くでは今後、交通量が増加することが予想されています。企業も社員も、特定の道路安全リスクを理解するうえで警戒心を高め、そのリスクを最小限にするための対策を講じる必要があります」。

このホワイトペーパーでは、費用のかかる道路災害リスクについての幅広い見解と、リスク軽減対策のベストプラクティスについてのガイドラインを紹介します。内容は以下の通りです。

交通事故による死亡者数の地域的統計と、事業に対するコストの例
リスク軽減とケーススタディにおける企業の役割
企業向けベストプラクティスのガイドライン。明確な対策の設定についてのアドバイス、目標の評価、個別のニーズ、個人のセキュリティなど
旅行者に対するアドバイス。公共交通機関、自転車、自動運転車、タクシーやライドヘイリングの安全性とセキュリティ情報など

ホワイトペーパー「海外渡航者のための道路交通リスク」(資料:英語)のダウンロードはこちら:https://prtimes.jp/a/?f=d9911-112-pdf-0.pdf


ンターナショナルSOS財団について



インターナショナルSOS財団は安全配慮義務を推進する団体として2011年に創立されました。当財団はインターナショナルSOSからの助成金で設立された独立した非営利組織であり、慈善団体として登録されています。渡航リスクに関する研究の実施・公表を通じて、海外や遠隔地で働く従業員への安全配慮義務の理解促進とリスク軽減を目指しています。
www.internationalsosfoundation.org


インターナショナルSOSグループについて


インターナショナルSOSグループは、グローバルに働く社員を、健康と安全に対する脅威から守り、命を救うことに力を尽くします。多様な環境に合わせ、心身の健康と安全のためのリスクマネジメントソリューションを提供し、お客様の事業の成長と生産性の向上を支援します。私たちは異常気象、伝染病、治安事案の発生時などに迅速に対応し、安心を届けます。革新的な技術と医療と安全の専門知識によって、リスクの予防に取り組み、実際に活用できるリアルタイムの情報分析と、現場での質の高いアシスタンスサービスを提供します。グッド・ガバナンスに欠かせない法令遵守の報告に関しても、インターナショナルSOSとのパートナーシップは、安全配慮義務の履行の実現と、組織のビジネスレジリエンス、事業継続性およびサステナビリティの強化を助けます。
インターナショナルSOSグループは1985年に設立され、世界の政府機関、フォーチュングローバル 500の3分の2にあたる多国籍企業、中小企業、教育機関、NGOを含む11,000社を超えるお客様から信頼を寄せられています。 11,000名以上の医療、安全およびロジスティクスの専門家が、90ヵ国1,000ヵ所以上の地域で、95ヵ国語以上の言語と文化に対応し、 24時間365日、サポートを提供しています。
http://www.internationalsos.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会