食品・飲料 美容・健康

藻類由来のオメガ3とMCTオイルをブレンドした次世代オイル「Mo3 リポバランスオイル」世界初!食用オイルの商品化に成功(7月27日発売)

株式会社味とサイエンス
素材や製造方法にこだわり抜き、安心安全かつ美味しい食用オイル等の販売を行っている株式会社味とサイエンス(本社:東京都中央区、代表:藤本飛呂)は、藻類由来のオメガ3とMCTオイルをブレンドしたバランシングオイル「Mo3」を開発。世界で初めて、食用オイルとして商品化に成功し、7月27日より販売します。


【現代人が不足している必須脂肪酸 「オメガ3」 と 「MCTオイル」]
●オメガ3●

健康を維持するために必要であるにも関わらず、人体では作り出せないのが、必須脂肪酸の「オメガ3」です。『今すぐオメガ3系オイルを摂るべき』…と、近年、栄養・医療の分野で声高に叫ばれるようになったオメガ3は、α-リノレン酸・EPA・DHAの3種の成分があります。含有量の多さでは青魚などが有名ですが、日本人の魚類摂取量の減少に加え、海洋汚染などの影響もあり、必要十分な摂取量には程遠いのが現実です。                             
●MCTオイル●
MCTオイルは、中鎖脂肪酸100%のオイルのことをいいます。中鎖脂肪酸は、ココナッツオイルや母乳などに含まれる天然成分で、一般的な油よりも素早く消化吸収されてエネルギーに変化。その早さは、スーパーでよく見かける植物油に多い「長鎖脂肪酸」と比べ、消化吸収は4倍、代謝は10倍です。つまりその分、脂肪として体内に蓄積されにくく、ダイエットに適任だといえます。また、高エネルギーを必要とする未熟児や腎臓病患者、手術後の患者の栄養補給など、昔から医療現場でも使われてきた安全安心なオイルです。

【「Mo3(モスリー)」とは?】
 Mo3はMCTオイルにオメガ3のDHA・EPAをブレンドしたバランシングオイルです。一般的なMCTオイルは中鎖脂肪酸のカプリル酸(C8)とカプリン酸(C10)を抽出していますが、Mo3は100%ココナッツ由来であり、カプリル酸を95%以上高く含有するC8オイルです。MCTオイルに比べ、消化・吸収が速く、効率的にケトン体を産生し、速やかに脳や筋肉のエネルギーとなります。

 また、Mo3のDHA・EPAは魚ではなく藻類がつくり出したものです。水銀やマイクロプラスチックなどの心配がなく、海の環境へも配慮したクリーンでサスティナブルな原料を使用しています。酸化しやすいDHA・EPAを特殊技術により安定化させた状態でブレンドすることで、サプリメントではなく食用オイルとして商品化することに成功しました。


【開発者】
地曳直子先生/一般社団法人リポニュートリション代表理事,一般社団法人国際食事協会理事,日本オイル美容協会顧問,日本インナービューティーダイエット協会顧問

「魚が苦手な方にはサプリメントで補うことをお勧めしていますが、それよりも自然に、出来れば食事の中で美味しくDHAやEPAが摂れるようなオイルを作りたいという思いから、Mo3の開発に至りました。お魚が苦手な方にも、ヴィーガンの方にも、カプセルが苦手な方にも毎日のお食事で美味しくDHA・EPAを摂っていただけますように」

【商品概要】
次世代のバランスオイル「Mo3」は原材料のみならず、環境にも配慮した世界初の食用オイルです



◆商品名:Mo3 リポバランスオイル
◆原材料産地:スリランカ・日本      
◆製造国:日本
◆内容:1本184g
◆価格:4,104円(税込)      
◆アレルギー物質7品目(特定原材料):無し
◆販売場所: 味とサイエンスオンラインショップ 
 http://ajitoscience.com/
◆こんな方におすすめ
 ダイエットしたい方、脳を健やかに保ちたい方、妊婦さん、産後のママさん、ヴィーガンの方、疲れやすい方、血糖値が気になる方、お魚を食べる機会が少ない方
◆使い方
 加熱せずにお使い下さい。サラダ、スムージー、ヨーグルト、和えもの等。スープやお味噌汁など温かいお料理にかけてもお召し上がりいただけます。


【より脂肪燃焼やエネルギー代謝を高めたい方へ……】



「SUPER C8 MCT OIL」も新発売!MCTオイルに含まれるカプリル酸(C8)とカプリン酸(C10)のうち、より鎖長の短カプリル酸(C8)を高含有したオイルです。カプリル酸(C8)はカプリン酸(C10)の3倍のケトン体を産生するという報告があります。

◆商品名:SUPER C8 MCT OIL

◆原材料原産地:スリランカ 

◆企画・充填国:日本

◆内容:1本460g

◆価格:3,456円(税込)    
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)