医療・医薬・福祉

いよいよ2年ぶりの開催!【国際モダンホスピタルショウ2021 ~世代や国境を越えて、命の躍動を~】

一般社団法人日本経営協会
7月28日(水)29日(木)にパシフィコ横浜で開催

一般社団法人日本経営協会(本部事務局:東京都渋谷区 会長:高原 豪久)は、医療・福祉に関する国内最大規模の展示会「国際モダンホスピタルショウ2021」を7月28日(水)29日(木)にパシフィコ横浜展示ホールC・Dとアネックスホールで開催いたします。




【会  期】2021年7月28日(水)・29日(木)
【会  場】パシフィコ横浜 展示ホールC・D アネックスホール
【入場方法】事前Web登録制
      https://imhs.cloud-webexpo.com/login

2年ぶり48回目の開催となる今年は、「健康・医療・福祉の未来をひらく~世代や国境を越えて、いのちの躍動を~」をテーマに、150を超える出展者の展示ブースと充実したカンファレンス・セミナーをご用意しております。

まずは、Webで事前来場登録をして国際モダンホスピタルショウ2021の全容をご覧ください。

【公式ホームページ】
https://noma-hs.jp/hs/2021/

【会場MAP&カンファレンス・セミナープログラム】
https://noma-hs.jp/hs/2021/files/hs2021-map.pdf


★注目のカンファレンス・セミナー★


7月28日(水)

 一般社団法人日本病院会会長の相澤孝夫氏によるオープニングセッションを皮切りに、毎回恒例となっている日本病院会主催公開シンポジウムを開催します。
「ポストコロナを見すえた新しい受診のあり方」をテーマに、森村尚登氏(帝京大学医学部救急医学講座主任教授)の基調講演や、有賀徹氏(独立行政法人労働者健康安全機構理事長)、山元恵子氏(公益社団法人東京都看護協会会長)を座長に展開される総合討論にも注目です。
 その他にも「病院建築と運営、双方からみたこれからの病院・介護施設のあり方」「キャッシュレス決済がもたらす病院への効果」など幅広いテーマで、熱い講演が行われます。


7月29日(木)

 本展示会の特別協力団体でもある公益社団法人日本看護協会のセミナーとして「AI、ICT等を活用した看護業務の効率化による業務負担の軽減と生産性の向上」を開催します。
 また、「COV-Naviの目的とこれから」では、今話題の医療従事者で運営されているプロジェクトCOV-Naviの主要メンバーの目指していること、医療従事者のSNS活用術などをご紹介します。現場での工夫や想いを共有できる講演となりそうです。
 日本病院会監修セミナーでは、「病院における“癒し”のデザイン」「病院広報 コロナを見すえた地域への発信」という、今の病院が真剣に考えるべき2つのテーマを取り上げ、様々なゲストスピーカーに講演いただきます。

他にも最新の【病院DX】【医療AI】などをテーマとした講演や、出展者によるプレゼンテーションセミナーも開催。2日間で30を超えるカンファレンス・セミナーを予定しています。

◎事前予約で満席の場合も、当日席に空きがあれば聴講可能です。 ぜひ、旬なセミナーへのご参加お待ちしております。

■会場アクセス


■新型コロナウイルス感染防止について
政府、自治体、展示会場などのガイドラインや最新情報に基づき、対策を徹底し開催いたします。
また、関係各所と緊密な連携を取りつつ、主催者・出展者で協力しながら安心・安全な開催環境を
構築してご来場の皆様をお迎えいたします。

【展示会問い合わせ先】
一般社団法人日本経営協会 ホスピタルショウ事務局 TEL:03-3403-8615  e-mail:hsg@noma.or.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)