インテリア・雑貨 その他

インド医療機関に50万枚のマスクを寄付変異株「デルタ株」の感染者急増のインドに支援

アイリスオーヤマ株式会社
アイリスオーヤマ株式会社は、世界的な新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、変異株「デルタ株」の感染者が増加しているインドに支援物資としてインドの医療機関に50万枚のマスクを寄贈しました。



▲Fortis Healthcare Ltd.へのマスク贈呈の様子(7月21日)

アイリスオーヤマ株式会社(本社:仙台市、代表取締役社長 大山 晃弘)は、世界的な新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、変異株「デルタ株」の感染者が増加しているインドに支援物資としてインドの医療機関に50万枚のマスクを寄贈しました。

支援物資のマスクは、三井物産株式会社(本社:東京都 千代田区、社長:堀 健一、以下「三井物産」)のインド現地法人の支援を得て、三井物産が筆頭株主である「Naaptol online Shopping Ltd.」を通じて、インド全土に約30ヵ所の病院施設を展開する「Fortis Healthcare Ltd.」に引き渡されました。

■概要
寄贈先:Fortis Healthcare Ltd.(Chairman:Mr.Ravi Rajagopal)
寄贈マスク:FACE MASK PK-W-L-7P
数量:50万枚

当社は、新型コロナウイルス感染症拡大の早期終息に向けて、今後も行政ならびに業界団体と連携を図りながら、必要な支援を行ってまいります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)