美容・健康 スポーツ・アウトドア

“標高3000mで時短トレーニング”低酸素トレーニングジムAIRNIX(エアニックス)世田谷・野沢に誕生!

株式会社FRONT LINE
標高3000m環境で30分汗だくトレーニングしませんか?

■AIRNIXアンバサダー兼スペシャルトレーナーは元陸上日本代表・藤森安奈が就任!!


東京・世田谷に東京で唯一、常圧と低圧低酸素マシンのあるトレーニングジムAIRNIX(エアニックス)をOPENしました。業界最安値7700円~
■AIRNIX(エアニックス)公式ホームページURL: https://airnix.jp

低酸素トレーニングとは高地トレーニングを擬似的に再現したプロアスリートも採用しているトレーニング方法です。実はダイエットや健康促進、疲労回復など、普段運動をしない方にもオススメのトレーニングでもあります。東京都世田谷区にある「AIRNIX(エアニックス)」は完全予約制の「低酸素スポーツジム」で、本格的な機材と資格をもったスタッフが常駐し、女性やご年配の方から、プロアスリートまで幅広い方がご利用できます。

効率よく脂肪燃焼
日常に運動を取り入れようと思ってもダイエットや健康促進など結果を出そうと思うと時間がかかり、継続するのも困難です。低酸素下の運動は筋肉中の糖質、グリコーゲンが積極に使われるので代謝を促進、平地よりも脂肪を効果的に燃焼します。

代謝促進による美容効果
低酸素の環境下で運動することで、細胞が活性化します。また、低酸素下での運動中は筋肉中の「グリコーゲン」が積極的に消費され、代謝が促進されます。さらに脂肪燃焼効果を発揮するのが「ミトコンドリア」これは低酸素になると活性化し、エネルギー源となる脂肪を食べてエネルギー作ります。代謝促進、脂肪燃焼、肌のターンオーバーの促進など、美容やアンチエイジングが期待できます。



エリア紹介
AIRNIXでは常圧低酸素エリア、低圧低酸素エリア、そしてウエイトトレーニンングエリアがあります。
常圧低酸素ルームは標高3000mで5台のトレッドミル、1台のパワーマックスを設置。最新の自走式トレッドミルを導入しているため、より下半身強化することができます。1回30分のトレーニングで通常トレーニングの倍以上の運動効果を得られます。


低圧低酸素エリアは実業団などで導入されている日本バルク工業の低圧低酸素マシンを完全プライベート空間でトレーニングすることができます。低圧低酸素は実際に空気を抜いて気圧を下げるため、常圧低酸素より自然環境に近い状態で負荷をかけてトレーニングすることができます。






ウエイトトレーニングエリアでは国内初のVALX製のスミスマシンを導入しました。ダンベルは1kg~40kgまであり、使用頻度の高い12kg~30kgのダンベルは日本製で最高品質のBULLをご用意しております。完全プライベート空間で優雅にトレーニングすることが可能です。





Price〈月会費 税込〉

☆デイタイム¥7,700
(平日限定13:00~18:00・月4回)
☆ウィークエンド ¥8,800
(土日限定・月4回)
☆スタンダード(月4回)¥9,900
☆アドバンスド(月6回)¥11,880
☆アスリート(月8回) ¥13,200

その他、プロアスリート向けのプランもございます。詳しくはHPをチェック!


AIRNIXのスタッフは全員女性のため、ジム初心者の女性でも安心して通うことができます!
また、低酸素トレーニングトレーナーの資格を取得したスタッフが在籍しているため、お客様に合わせたトレーニングをご提案致します。


スペシャルトレーナーには元陸上女子日本代表の藤森安奈選手が就任。
藤森安奈選手は日本の短距離走選手として活躍し、2014年仁川アジア競技大会の4×100mリレーメンバーにも選ばれ、銅メダルを獲得しました。日本トップレベルのスプリンターの藤森選手から直接指導を受けることができます!日時についてはInstagramより毎月情報発信中。。




《無料体験キャンペーン》
Instagram、Facebook、TwitterいずれかのSNSでフォローorシェアで
体験¥3000円→0円

標高3000mを体験してみませんか?

体験予約はこちらから→ https://airnix.jp
《店舗情報》
■AIRNIX(エアニックス)
住所:〒154-0003 東京都世田谷区野沢3-30-6 スプーキービルセカンド1階
電話:03-6804-0274
営業時間 平日8:00~21:30(最終受付21:00)
土日8:00~19:00(最終受付18:20)
定休日:不定休

株式会社FRONT LINE
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)