医療・医薬・福祉

新しいウェルチ・アレン(R)パンオプティック(TM)プラス検眼鏡とウェルチ・アレン(R)マクロビュー(R)プラス耳鏡が医療提供者に質、鮮明度、明度の高い視野を提供

ウェルチ・アレン・ジャパン株式会社
早期の診断、治療をサポート

ウェルチ・アレン・ジャパンは8月2日、市場をリードする同社の身体検査ツールが大きな技術的進歩を遂げたとして、新製品ウェルチ・アレン(R)パンオプティック(TM)プラス検眼鏡(Welch Allyn(R) PanOptic(TM) Plus Ophthalmoscope)とウェルチ・アレン(R)マクロビュー(R)プラス耳鏡(Welch Allyn(R) MacroView(R) Plus Otoscope)の販売開始を発表した。新製品は、同社の100年以上に及ぶフィジカルアセスメントツールのイノベーションと診察室の新たなケア基準を踏まえた進歩の象徴である


マクロビュープラス耳鏡によるデジタル画像キャプチャ
パンオプティックプラス検眼鏡によるデジタル画像キャプチャ

ウェルチ・アレンが属するヒルロムのJohn Groetelaars社長兼最高経営責任者(CEO)は「新しいパンオプティックプラスおよびマクロビュープラステクノロジーに組み込まれた驚くべきイノベーションは、定期的身体検査を通じた患者転帰の改善に役立つ当社の取り組みにおける完全なゲームチェンジャーだ。これらのデバイスは、臨床医が耳や目の疾患をより早く、より正確に診断して、効果的な治療の選択肢が増えるよう設計された非常に高度なツールだ」と語った。

目と耳の構造検査は、患者の健康評価の重要部分である。ヒルロムの新たな耳鏡と検眼鏡が初めて市場にもたらしたイノベーション(注1)により、より明るく、広い観察視野が実現した。視野範囲は、現在のウェルチ・アレン同軸検眼鏡の20倍、従来の耳鏡の3倍である。

新しいウェルチ・アレン・マクロビュー耳鏡は、新しくユニークなクリアスペキュラLumiViewが特長で、一般的なスペキュラと比べ成人用スペキュラで4倍の明るさを実現した。

マクロビュープラス耳鏡とパンオプティックプラス検眼鏡により、臨床医は光学検査からデジタル画像キャプチャに素早く移行できる。ヒルロムの無料のiExaminer(TM)Proアプリと併用すれば、臨床医は耳と目の画像を安全に保存、共有して、追跡、傾向分析、専門家との簡単な相談を行うことができる。製品の全機能を知るには、welchallyn.jpを参照。

ヒルロムのMark Wallworkアジア太平洋プレジデントは「従来の検眼鏡には、視野が狭く、臨床医が自信を持って眼の構造を見て、異常を識別しにくいという問題があった。新しいパンオプティックプラスは、医療従事者が簡単に眼科検査を行い、従来の検眼鏡の課題を克服できるよう設計されている。ヒルロムの検眼鏡技術の進歩により、ビジュアル化と診断がより速く容易になり、視覚ケアが大幅に改善される」と語った。

パンオプティックプラス検眼鏡にはQuick Eye(TM)アライメント技術が搭載されており、患者の視線をより適切に誘導できる。革新的なディスクアライメントライトは、臨床医が患者の視線を誘導し、検査をより容易にするのに役立つ。製品の全機能を知るには、welchallyn.jpを参照。

これらのデバイスは2021年8月2日から、アジア太平洋地域で日本を皮切りにオーストラリア、シンガポール、タイ、マレーシア、韓国、ベトナム、フィリピン、台湾、香港、中国本土で購入可能になる。

(注1)特許出願中

▽ヒルロム(Hillrom)について

ヒルロムは、1万人の従業員がAdvancing Connected Care(TM)(コネクテッド・ケアの進歩)によって患者と医療提供者の転帰を向上させるという共通の目的を掲げるグローバルな医療技術リーダーである。世界中で、当社のイノベーションは毎日700万人を超える患者に影響を与えている。それらは、早期の診断と治療を可能にし、手術の効率を最適化し、患者の回復を早めると同時に、臨床コミュニケーションを簡素化し、ケアを自宅に近づけるのに役立っている。当社は、コネクトされたスマートベッド、患者用リフト、患者評価・モニタリング技術、医療提供者コラボレーションツール、呼吸器系の健康機器、先端手術室機器などを通じてこうした成果を実現し、ケアの現場で実用的なリアルタイムの知見を提供している。詳細については、hillrom.comを参照。

▽問い合わせ先
投資家向け
Mary Kay Ladone
Senior Vice President, Corporate Development,Strategy and Investor Relations
Phone: 312-819-9387
Email: marykay.ladone@hillrom.com

Lorna Williams
Executive Director,Investor Relations and Strategy
Phone: 312-233-7799
Email: lorna.williams@hillrom.com

メディア向け
Howard Karesh
Vice President, Corporate Communications
Phone: 312-819-7268Email: howard.karesh@hillrom.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)