広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

動物遺伝学の市場規模、2026年に77億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「動物遺伝学の世界市場 (~2026年):製品&サービス (生体 (家禽・ブタ・ウシ・イヌ)・遺伝物質 (精液・胚)・遺伝子検査 (DNA検査・DNAタイピング・遺伝形質検査))・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を7月28日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/mama1009803-animal-genetics-market-by-products-services-live.html




動物遺伝学の市場規模は、2021年の55億米ドルからCAGR7.1%で成長し、2026年には77億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、動物由来のタンパク質の消費量の増加、世界人口の増加と急速な都市化が主な要因となっています。さらに、優れた品種の特定への関心の高まり、遺伝性疾患やビジネス上の損失を防ぐための遺伝学的サービスの採用、高度な遺伝学的技術の採用も、市場の成長に寄与しています。

COVID-19の動物遺伝学市場への影響

COVID-19の発生を抑制するために、多くの国の政府が輸送や旅行の制限を行い、国際的な取引や輸送に支障をきたしています。そのため、動物用遺伝子製品のサプライチェーンが寸断され、一時的に製品需要に若干のマイナスの影響が出ました。顧客へのアクセスが制限されたことで、動物遺伝子製品の販売や導入に影響が出ており、2020年の成長率がやや低下しています。しかし、2021年にはサプライチェーンの混乱が最小限に抑えられ、高い成長率で市場が拡大すると予想されています。

牽引要因:動物由来のタンパク質や乳製品の消費の増加

家畜や家禽は、人間にとってタンパク質とカルシウムの主要な供給源です。牛肉、乳製品、卵などの動物性食品は、最も消費される食品の一つであり、大幅な需要増が見込まれています。先進国の食肉生産量は、主にカナダと米国の高成長により、大幅に増加すると予測されます。今後10年間で、豚肉は食肉生産量の増加全体の中で大きな割合を占めると同時に、消費量の面でも最も成長している食肉となります。乳製品の消費量は、インドとパキスタンの人口増加と所得の増加により、今後10年間で大幅に増加すると予想されます。アフリカ、東南アジア、中東など、乳製品を自給していない一部の地域では、消費量が生産量を上回り、輸入が増加することが予想されます。

抑制要因:実験用肉などの代替品の出現

食肉消費量は、高品質な製品へのシフトによって部分的に相殺されます。これには、実験室で作られた肉や培養肉への移行が含まれます。健康、環境、動物福祉、世界的な温室効果ガス(GHG)排出への影響を考慮して、食肉消費に対する消費者の嗜好や態度が変化すれば、動物性タンパク質からの需要が減少する可能性があります。このことは、長期的には動物性タンパク質の需要に悪影響を及ぼす可能性があり、その結果、動物遺伝学の導入が妨げられることになります。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1009803-animal-genetics-market-by-products-services-live.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)