医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

東大発クラウド処方箋読取サービス「mediLab AI」がUI, AI基盤を強化

株式会社mediLab
株式会社mediLab (東京都新宿区、代表取締役社長CEO:松田 悠希、以下 mediLab)が調剤薬局向けクラウドサービス「mediLab AI」をより薬局に活用頂くべく、UI, AI学習基盤をアップデートしたことをお知らせします。これにより、より便利なサービスを、より素早く薬局の皆さまにお届けすることが可能となります。




認識結果がより見やすくなったUIのレイアウトに加え、タブレット上での読み取り結果調整機能も追加。
さらにAI学習基盤を整備し、処方箋読み取りの精度も向上。

1.UIレイアウトの一新
 従来の読み取り結果表示UIのデザインを更新し、重要な読み取り項目がより確認しやすいデザインといたしました。従来はほとんどの読み取り結果を網羅的に表示しておりましたが、レセプトコンピュータとの連携等を考慮し、表示の簡素化を進めております。


2.タブレットでの修正機能
 上記に加え、読み取り結果表示UI上で読み取り結果の一部を調整可能と致しました。これにより、レセプトコンピュータとの更なるスムーズな連携が可能となります。従来はQRコードを読み込み後全ての項目をレセコン上にて確認・調整する必要がありましたが、一部タブレット上での調整の方がスムーズな項目を、UI上で調整可能と致しました。

3.AI学習基盤の強化
 ご使用を拡大頂く中、それを通したAIの学習スピードを加速する為、AIの学習基盤を整備し、より多くの学習データに対応可能といたしました。これにより、薬局の皆さまからの細かい精度調整依頼にも対応可能となり、よりお役に立つ処方箋読み取りが可能となります。


4.処方箋読取の読み取り精度向上
 上記のAI学習基盤を活用し、処方箋の読み取り精度も向上いたしました。具体的にはノイズ耐性と画像解析精度を見直しそれらを改善することによって、より精密なAIの構築に成功しております。ノイズ耐性の向上を行うことによりAIによる予期せぬエラーの発生を極力抑え、画像解析精度の改善によってより正確な読み取りを可能にしております。


<mediLab AIについて>
mediLab AIは東大発、AIを活用した処方箋入力支援システムです。薬局の皆さまの処方箋入力業務負荷を軽減し、より多くの時間、患者さまと向き合うためのサポートを致します。


mediLab AIはAIを活用した高精度な処方箋読取を実現するとともに、セキュアなクラウドサービスの構造とすることで、省コスト・省スペースな導入を実現致しました。また、このクラウド基盤を活用することにより、サービスの改善スピードを高速化しているのももう一つの特徴です。これにより、薬局の皆さまのお声を頂いてから数日単位でのサービス改善や、医療機関・医薬品マスタ情報更新の即日範囲、が可能となります。
mediLabは薬局の皆さまのお声を高速でサービスに反映させることで、サービスの更なる進化を行って参ります。




※mediLab AIの詳細はこちら:
https://medilab.co.jp/medilabai/

<本件に関する問い合わせ先>
株式会社mediLab
問い合わせフォーム: https://medilab.co.jp/contact/
メール: medilab.team@gmail.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)