医療・医薬・福祉

自然素材・漆喰の抗ウイルス機能を活用した「抗ウイルスパーテーション」を大田区の蒲田医師会に寄贈

関西ペイント株式会社
新型コロナウイルスワクチン接種会場での感染対策支援を想定


関西ペイント株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:毛利 訓士)は、ワクチン接種会場での新型コロナウイルス感染防止対策支援のため、当社独自の漆喰(しっくい)塗料技術を活用した「抗ウイルスパーテーション」を、7月29日に一般社団法人 蒲田医師会(東京都大田区)へ寄贈いたしました。


<贈呈の様子>(写真右から)
一般社団法人 蒲田医師会 秋田泰 理事
一般社団法人 蒲田医師会 横川敏男 会長
関西ペイント株式会社 東京事業所 事業所長 永井健一
関西ペイント販売株式会社 建築塗料販売本部 副本部長 岩崎浩行


<寄贈した「抗ウイルスパーテーション」>


<蒲田医師会から贈呈された感謝状>


新型コロナウイルスワクチンの接種が進む中、不特定多数の人が集まるワクチン接種会場での感染対策が求められています。そのような状況の中、接種を受けられる皆様や医療従事者の方々に少しでも安心できる環境を提供できるよう、当社の東京事業所が大田区にあるご縁もあり、同区の蒲田医師会へ「抗ウイルスパーテーション」を寄贈させていただく運びとなりました。

今回寄贈したパーテーションは、抗菌・抗ウイルス・消臭などの多様な機能が見直されている自然素材・漆喰(消石灰)を活用した製品です。当社では安全な住環境をお客様に提供するため、漆喰の有効性に着目し、独自技術による塗料化や、漆喰塗料の抗ウイルス効果について長崎大学をはじめとした研究機関と連携した実証実験も長年行っており、昨年には新型コロナウイルスに対しても漆喰塗膜に接触すると僅か5分で99.9%以上感染力が低減する事を確認しました。

パーテーションにはこの漆喰塗料をコーティングしたシートが貼られており、医療機関による最先端の感染対策ケアユニットにも実験採用されているものと同様の仕組みとなります。また軽くて丈夫なハニカム段ボール製ですので簡単に組み立てられ、廃棄が容易なことも特徴です。

寄贈に際し、7月29日(木)に蒲田医師会館において、横川敏男会長へ贈呈を実施いたしました。パーテーションは医師会を通じて地区内の医療機関に配布され、ワクチン接種やPCR検査会場で活用される予定です。

<一般社団法人 蒲田医師会 横川敏男会長 コメント>
この度は「抗ウイルスパーテーション」を寄贈いただきありがとうございます。ワクチン接種会場の感染予防対策は、大前提として手洗いをはじめとした各種消毒、換気、マスク・防護服の着用が重点項目ですが、常時消毒対象ではないパーテーションに抗菌・抗ウイルス機能が付随してあるのは衛生環境の向上、安全・安心に繋がると感じています。また、段ボール製で軽量であり、女性でも簡単に組立可能なこと、廃棄も比較的容易であることも含め、今後このような製品の開発・普及が進むことを期待しています。


関西ペイント株式会社は、今後もワクチン接種会場や医療現場への抗ウイルス製品提供をはじめ、感染の不安が少しでも低減されるよう支援を行ってまいります。

■寄贈概要
寄贈先:一般社団法人 蒲田医師会(東京都大田区蒲田4-24-12)
寄贈品:抗ウイルスパーテーション 50枚
贈呈式:
日時 2021年7月29日(木)
場所 蒲田医師会館
受贈者
一般社団法人 蒲田医師会 横川敏男 会長
一般社団法人 蒲田医師会 秋田泰 理事
寄贈者
関西ペイント株式会社東京事業所 事業所長 永井健一
関西ペイント販売株式会社 建築塗料販売本部 副本部長 岩崎浩行


<抗ウイルスパーテーションの構造>


● 福島県・須賀川市にも「抗ウイルスパーテーション」を寄贈

去る7月8日には「抗ウイルスパーテーション」の製造を手掛ける神田産業株式会社の所在地である、福島県・須賀川市にもパーテーションを寄贈。翌週から市内のワクチン接種会場で設置されています。

須賀川アリーナに設置された「抗ウイルスパーテーション」(次回接種予約ブース)


須賀川アリーナに設置された「抗ウイルスパーテーション」(ワクチン希釈用ブース)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)