美容・健康 エンタテイメント

長友佑都選手が「試合でもこんなに“汗”かけない」と驚愕した、スペシャル体幹レッスンが8月1日(日)から期間限定公開

株式会社MTG
~ 心も身体もぶれない!プロサッカー選手も満足するEMSトレーニングとは ~

株式会社MTG(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:松下剛)は、EMS※1を中心としたトレーニング・ブランド『SIXPAD(シックスパッド)』が展開する先進のEMSオンラインジム「SIXPAD HOME GYM(シックスパッド ホームジム)」にて、8月1日(日)から配信される期間限定※2トレーニングコンテンツに、プロサッカー選手の長友佑都選手が出演することお知らせいたします。 ※1 EMS(Electrical Muscle Stimulation=筋電気刺激) ※2 2021年8月1日(日)~8月31日(火)



今回、期間限定で公開するトレーニングコンテンツは、1年ぶりに日本へ帰国された長友選手に、昨年10月にリリースした「SIXPAD HOME GYM」を全力で体験していただいたトレーニングです。日頃からハードなトレーニングを行い、プロ14年目として世界を舞台に活躍されている長友選手にご満足いただけるような、スペシャル体幹レッスンをご用意いたしました。普段から行っているトレーニングのひとつでもある体幹トレーニングにEMSを加え、20分間本気のトレーニングにチャレンジしていただきました。「電気の刺激が加わると、負荷がすごい」と、序盤から額に汗が光ります。「EMSの負荷に負けない」と本気スイッチが入った長友選手のトレーニング姿は圧巻です。トレーニングの途中で、想像以上の汗の量に「こんな汗かく?試合でもこんなに汗かけないよ!」と思わず一言。さらに、「俺は心も身体もぶれないよ!」とEMSの負荷をものともしないプロフェッショナルな一面も、本コンテンツでは垣間見えます。そして、今後の夢についての熱い想いもお話いただき、20分間余さずお楽しみいただけるトレーニングコンテンツとなっています。ぜひ一度、ご体験ください。



スペシャル体幹レッスンの概要


「SIXPAD HOME GYM」のレッスンは、通常10分間のトレーニングを2回繰り返す構成となりますが、今回はスペシャルレッスンということで、前半(10分)と後半(10分)で別々のトレーニングを取り入れた特別プログラムにてお届けいたします。前半は短時間で脂肪燃焼が期待できるHIIT(ヒット)トレーニング、後半はインナーマッスルをメインに鍛える体幹トレーニングを取り入れ、短時間で全身を効率よく鍛えることが可能なプログラムをとなっております。



実際のレッスンの様子(Short Ver.)





SIXPAD HOME GYMとは


「SIXPAD HOME GYM」は、EMSを中心としたトレーニングブランド『SIXPAD』から2020年10月に誕生した、自宅でわずか10分の短時間・高効率を実現する「ハイブリッドトレーニング」が受けられる先進のEMSオンラインジムです。 SIXPAD独自のコアテクノロジー「CMM Pulse(シーエムエムパルス)」(独自波形)を応用した EMSトレーニングスーツ「SIXPAD Powersuit(シックスパッド パワースーツ)」を着用し、専用アプリをつなぐことにより、東京・原宿に新設した専用スタジオ「SIXPAD LIVE STUDIO(シックスパッドライブスタジオ)」から配信される多彩なトレーニングをいつでも自宅で受けられます。

<商品代金>
SIXPAD Powersuit:118,800円(税込)/ 月々1,900円(税込) ~ [初月のみ6,700円(税込)]
SIXPAD The Bike:132,000円(税込)/ 月々2,200円(税込) ~
SIXPAD The Bike EX:495,000円(税込)/ 月々8,200円(税込) ~ [初月のみ11,200円(税込)]
※JACCS分割手数料は無料です。
※月々の支払い額はJACCS分割払いで60回払いボーナス払いもなしを選択した場合の例です。分割回数はお客様で選べます。一括払いも選択できます。

<専用アプリケーション月額利用料金>
Standard Plan:月額4,180円(税込)
※SIXPAD Powersuit、SIXPAD The Bikeシリーズのいずれかの商品購入が必須です。

<公式HP>http://homegym.sixpad.jp/
<公式Instagramアカウント>@sixpad_homegym
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)