デジタル製品・家電 流通

【髪のダメージ減】挟む毛量が均一だから誰でも仕上がりがキレイ

Areti株式会社
Amazon 特選タイムセールにて人気のヘアアイロンなどを1日限定でプライスダウン

美容家電メーカーAreti.(本社:東京都中央区 以下アレティ)のアマゾン アレティ東京メーカー直営店では、特選タイムセール限定で、初心者でも簡単にスタイリングできるヘアアイロンなど、26アイテムを特別価格で販売いたします。





ヘアアイロンで髪が傷む主な原因は4つ


高熱で使用するヘアアイロン。毎日使いたいけれど、髪の傷みが心配という声も。
ヘアアイロンによるダメージを軽減するには

何度も同じ箇所にあてない
押しつぶさない
適温で使用する
濡れた髪に使用しない

ことが大切です。


アレティ独自の技術で開発したKiyo i18010WHはプレートが開閉せず、あえてたくさんの髪の毛を一気に挟み込めない設計。
適量の毛束のみ挟めるため、髪1本1本に対して均一に熱が伝わり、同じ箇所に繰り返し高熱をあてる必要はありません。
また、プレートが固定されているため強く押しつぶしたり、摩擦によるダメージを軽減。

ストレートはもちろん、スリットに髪を入れてヘアアイロンをクルッと1回転。そのままゆっくり滑らせるだけで、折れないカールが完成します。
力加減の調整も不要。さらに、プレート面がむき出しにならず、側面はゆっくり加熱されるため火傷をしにくく、ヘアアイロン初心者でも、ストレートとカール、どちらもスムーズにスタイリング。

温度は160℃、180℃、200℃で調節でき、すでにダメージが気になっている方にもオススメです。
特選タイムセールでは通常販売価格¥4,980を¥3,980にプライスダウン。
詳細はセール会場にてご確認ください。


『髭の日』はいつでもどこでもシェービング



8月8日は何の日でしょう? もちろん『山の日』ですが、実は『髭の日』でもあります。『八』が髭に似ていることから制定されたそう。
朝しっかり剃っても夕方には伸びているという方は『髭の日』に向け、シェーバーを見直してみてはいかがでしょうか?

アレティのSoll-e s1808IDGは髭剃り後にヒリヒリしやすいという敏感肌タイプの方にもお試しいただきたい、可動式の2ヘッドが顔の凹凸にフィット。
ワイシャツのポケットにすっぽり入るコンパクトサイズで、出張にも便利なUSB充電式。いつでも、どこでも、気になったときにシェービングが可能です。

特選タイムセールでは通常販売価格¥3,980を¥2,480に。
セカンドシェーバーとしても、ギフトとしても最適です。

セール詳細
期間:8月1日00:00~23:59
セール会場:https://www.amazon.co.jp/stores/page/8368A9B9-AAD5-47A6-AC7B-66C9EC283FF8



2021年夏の新商品をご紹介



リングライト付き小型ファン
https://areti.jp/blogs/binotabi/f2106wh

頭皮に心地よい微振動のクッションブラシ
https://areti.jp/blogs/binotabi/k2222idg

防水・回転式シェーバー
https://areti.jp/blogs/binotabi/fc5201-1a

屋外でも使えて折り畳める扇風機
https://areti.jp/blogs/binotabi/f1620yl

ヘアアイロンやドライヤーをはじめ、美顔器やスキン&ヘアケアコスメを展開する東京・日本橋発の美容家電メーカー。 様々なスタイリングを楽しめるだけではなく、顔まわりの髪がうねる、年齢とともにボリュームがなくなったなど、ユーザーの悩みに応えるため、ヘアアイロンは特にバリエーションが豊富。 自社ブランドには、品質・保証にもこだわったAreti.(アレティ)、“使いやすい”をリーズナブルにお届けするClarity(R)(クラリティ)、Amazon限定家電の(Exelentialエクセレンシャル)、Amazon限定コスメのEssenshil(エッセンシル)がある。

公式SNS
You tube https://www.youtube.com/channel/UCfecvOPTtn4DdXr8hUdDaAQ
Instagram https://www.instagram.com/areti_jp/
Twitter https://twitter.com/Aretijp
Facebook https://www.facebook.com/Areti.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)