美容・健康

1611年パレスチナ発オーガニック石鹸の老舗「ナーブルスソープ」ヨーロッパで一番人気の「ダマスクローズ」通常販売開始!

コスメハウス
「ナーブルスソープ」は、1611年創業のメーカーである『ナーブルス・ソープ・カンパニー社』に伝わる製造法で何世紀にも渡り作られ続けている無添加オーガニック石鹸。 パレスチナ・ナーブルス産の一番搾りヴァージンオリーブオイルをベースに作られている昔からの製法が特徴で、自然の原料で作られているのが人気の秘訣。2018年までは製造数が少ないこともあり、数量限定での発売でしたが、2019年より、ヨーロッパで一番人気の「ダマスクローズ」が日本で通常発売することが決定し、ラインアップに加わった。


ダマスクローズの特徴は、「リラックス&抗うつ」川崎医療福祉大の研究により、主要な成分「フェニルエタノール (Phenylethanol)」の香りに抗鬱効果があることが正式に発表され、期待が高まっている。






パレスチナの著名な石鹸一族トゥベレ家が、先進国向けに新たに開発したオーガニック石鹸「ナーブルスソープ(Nablus Soap)」は、「全ての肌タイプに使える」ナチュラル志向の石鹸。

石鹸の製造に携わるのは、昔からのパレスチナ人の職人たち。箱詰め、検品は現地の女性たちを雇用。適正な価格で先進国と継続的に取引することによって、生産者の持続的な生活向上を支える仕組みだ。

一番搾りのヴァージンオリーブオイルと天然成分のみを使用した「ナーブルスソープ」は、その使用感のみならず歴史的な背景も大変興味深い。


元々世界的にもオリーブの生産地として抜群の知名度を誇るパレスチナ・ナーブルスで女性たちが家庭用に製造していた小さな石鹸が、15世紀から16世紀にかけて遊牧民のベドウィン族によって地中海の隅々の島まで流通し、そこから英国のクイーン・エリザベス1世までの道のりを辿り、エリザベス女王がこの石鹸を大絶賛したことでヨーロッパの女性の間で広まったという。1611年には、トゥベレ一族が伝統を引き継ぎ、石鹸工場を設立。

イギリス統治時代(1920年-1949年)には、イギリス政府が1934年にロンドン協会でナーブルス石鹸の成分分析を行い、完全に天然で化学物質無添加であるというお墨付きを与えたという記録もある。

<ナーブルスソープの認証>


●エコサート(ECOCERT)認定製品
最難関のオーガニック製品認証機関"エコサート(ECOCERT)"のオーガニックコスメ(ORGANIC COSMETIC)・ナチュラルコスメ(NATURAL COSMETIC) 双方の認証を取得。エコサートは、世界の有機認証機関の中で最も取得・維持条件が厳格な認証。

●ヴィーガンフレンドリー
新鮮で植物性の原材料のみ使用したヴィーガンフレンドリーな石鹸。いかなる製品の開発・製造においても動物実験を行わず、製品に使われる原料も動物実験を一切行っていない原料を使用。

●フェアトレード(FAIRTRADE)認定製品
ナーブルスソープは、フェアトレード(FAIR TRADE)認証を受けた製品。 フェアトレード認証製品を購入することは、開発途上国の生産者をサポートすることに繋がる。

●ハラール(Halal)認証
「パレスチナ・スタンダード協会(PSI)」によってハラール認証された製品。


●100%天然成分&エコ・フレンドリー

ナーブルスソープは、60~80%以上のヴァージンオリーブオイルを含み、完全に天然、植物性の成分のみで生成されているため、毎日の使用に適している。敏感肌・乾燥肌・脂性肌・ニキビ肌・日焼け後の肌・年齢肌等どの肌タイプにも乳幼児にも使用可能。(合成界面活性剤・石油由来原料不使用、化学合成防腐剤・酸化防止剤・発泡剤・金属封鎖剤・着色料・人工香料一切無添加・アルコールフリー・生分解性)

<公式ブランドサイト> https://nablus.jp/

<会社概要>
会社名:コスメハウス合同会社
本社:〒330-0804 埼玉県さいたま市大宮区堀の内町3-18 ヨシエビル
代表者:ツェヒナー未來
URL:https://kosmehaus.com
事業内容:化粧品輸入販売業


<一般消費者からの問い合わせ先>
ナーブルス・ジャパン
◆公式ブランドサイト: https://nablus.jp/
◆公式Instagram: https://www.instagram.com/nablus.jp/
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会