医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

科学的介護LIFEを自作する強者たち。「LIFE入力選手権!」結果発表

合同会社AUTOCARE
~やはり介護にITは必須だった~

今年度の介護報酬の改定においては「科学的介護情報システム(LIFE)」への対応が重視されています。介護記録AIアプリFonLogおよび、LIFEに提供するCSVデータを作成できるGoogleスプレッドシート「LIFEワークシート」を提供する合同会社AUTOCAREは、LIFEデータ入力を効率よく行うことを目指す「LIFE入力選手権!」を実施しました。その結果、先進的なシステムを自作する介護関係者が応募してこられたので、これらを公表し、表彰します。


○背景

厚生労働省は今年度の介護報酬改定から、「科学的介護推進体制加算」を導入しました。LIFEを活用するには、利用者の情報を数ヶ月ごとにLIFEに提供することが必要です。
私たちは、LIFEデータをGoogleスプレッドシートで簡単に編集して提出用CSVファイルを作れる、「LIFEワークシート」を無償提供しています。これまでに配布した数は500を超え、


データをまとめて編集できる
一度入力したデータを再利用しやすい
ショートカットキーを使って高速入力ができる

といった表計算システムの特徴を生かせる、と好評を得ています。

ただ、LIFEデータは膨大な量の入力が必要です。私たちはLIFEデータ入力を効率よく行うことを目指す「LIFE入力選手権」を企画し、実施しました。


「LIFE入力選手権!」開催 
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000057750.html

その結果、


LIFEワークシートに入力が反映されるGoogleフォームを作った方
FileMakerを使ってLIFEデータを入力できるシステムを独自に作った方

といった先進的な介護関係者が応募してこられました。
この2名をここに発表し、副賞としてスマートフォン端末を差し上げます!

○「LIFE入力選手権!」の概要

LIFE入力選手権は、「LIFEに提出するデータを効率よく入力するために切磋琢磨すること」を目的とし、

LIFEのWebサイト
他社の介護ソフトウェア
LIFEワークシート

のいずれかを使ってダミー利用者2名分の科学的介護推進情報を入力していただいて動画を提出してもらいました。
期間は2021年4月30日から5月31日の間で行いました。

○「LIFE入力選手権!」結果発表!

複数応募があったうち、特に先進的な取り組みをされている2名をここに表彰いたします。

・宮城県 やさしい手仙台デイサービスゆめふる中野栄 大森さん
大森様は、LIFEワークシートに直接入力するのではなく、アンケートに答えるような形式でLIFEのデータを入力でき、その結果がLIFEワークシートに自動的に反映されるGoogleフォームを自作してご応募いただきました。

Googleフォームから入力できます。




すると以下のようにLIFEワークシートに自動入力されます。

Googleフォームにすることで、一人一人の利用者の情報を入力しやすく、またスマートフォンやタブレットなどの端末を使って、利用者を目の前にして直接入力しやすくなるかと思います。クラウドサービスの利点を生かした、非常に賢いアプローチをされました。
ちなみに大森様が2人分の入力をする動画の時間は5分0秒でした。

・沖縄県 介護老人保健施設いしかわ願寿ぬ森 新保雅則さん
プログラミング無しでデータベースシステムを簡単に作ることのできるFileMakerを使って、LIFEデータを入力できるシステムを作って応募していただきました。


FileMakerで実際の帳票に近い入力画面を作ることができます。

詳細の説明項目なども用意できます。

このように見やすい形式でも情報提示できます。

FileMakerは、自由に入力画面やデザインを作ることができますので、自分が使いやすいようにカスタマイズできることが利点です。

ちなみに新保様が2人分の入力をする動画の時間は8分26秒でした。ただし、この動画には利用者の情報を入力する時間も含まれていましたので、Googleフォームと比べてどちらが早いとは一概に言えません。

私たち合同会社AUTOCAREは、このように介護業界にITに強い人が増えることを願っています。介護業界にITを広めていくことができる介護ITインストラクターを、継続して育てていきたいと思います。

「介護ITインストラクター」養成へ。オンライン勉強会を提供。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000057750.html


お二人には副賞として、AUTOCAREが提供する介護記録AIアプリFonLogが使えるAndroidスマートフォンをお送りします。
ご応募、大変ありがとうございました!

○LIFEワークシートについて

私たちは、Microsoft Excelと同等の機能を持つクラウドサービス、GoogleスプレッドシートでLIFE用のCSVファイルを直接入力できるLIFEワークシートを提供しています。

~科学的介護データを手軽に作成できる「LIFEワークシート」を無償提供開始~
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000057750.html




データ入力の様子

CSV保存の様子

LIFEワークシートでは、以下のような機能を提供します。

Googleスプレッドシートで動作するシステムで、被保険者番号などの情報を何度も入力しなくてよいようになります。
表計算のようにLIFEデータを記入していき、CSVとしてダウンロードすれば、LIFEに提出するためのデータが保存できます。
これを厚生労働省のLIFEシステムにアップロードすることで、LIFEデータの提供ができます。


○LIFEワークシートの利点

CSVを直接入力できるLIFEワークシートには、次のような利点があります。

ファイルごとコピーしておけば、次回からは変更部分だけを修正できます。
ほとんどの帳票が、1利用者が1行に対応する表になっていますので、複数利用者分を一括して編集できます。
他の介護ソフト等から異なるフォーマットで出力されても、コピー&ペーストで入力がしやすいです。
あらかじめ用意されたショートカットキーを用いて、高速に入力ができます。
クラウドで複数人が同時に編集できます。(ただしアクセス権のセキュリティには注意が必要です。)


また最近では、以下のような新機能を追加しています。

・LIFEに提出する形式の利用者情報CSVをLIFEワークシートに読み込む機能:これにより他社介護ソフトからのLIFE向け出力を読み込むこともできるようになりました。

・LIFEに提出した際のエラー箇所に、自動的にジャンプする機能:LIFEにCSVを提出した際にエラーがあると、そのエラーの内容が分かりにくいのですが、この機能によりLIFEワークシート上でエラー箇所がすぐに分かるようになりました。

・LIFEワークシートから各種計画書などの帳票に変換する機能


科学的介護LIFE難民は誰一人出さない! ~LIFE帳票作成ワークシート~
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000019.000057750.html


○LIFEワークシートご利用申し込み

利用をご希望の方は、こちらのフォームからお申し込みください。

LIFEワークシート無償利用申し込み
https://forms.gle/mkkdqVFiB7uXYAo66

お申し込み後、順次提供させていただきます。
※ 提供は予告なく終了することがあります。また申し込みいただいても提供できないこともあります。
※ 不具合等にはなるだけ対応しますが、対応を必ずお約束するものではありませんので、あらかじめご了承ください。

○合同会社AUTOCAREについて



私たちは、国立大学法人 九州工業大学のテクノロジーを社会に役立てる大学発スタートアップ、合同会社AUTOCAREです。
私たちは、介護の分野に、AIとIoTを、学びとともに普及させることをミッションとしています。
・介護自動記録AIアプリFonLogのサービス
・介護ITインストラクター養成
・IoTとAIの専門知識を活用したDXコンサルティング
を提供します。

介護自動記録AIアプリFonLogとスマホを無料で借りるにはこちらから: https://autocare.ai




介護ITインストラクターを養成するための介護オンライン勉強会についてはこちら: https://autocare.stores.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)