美容・健康

日本の“腸”をお米と大豆のチカラで守る!豆腐屋発、皮膚科医監修の乳酸菌サプリ発売[機能性表示食品]

株式会社豆腐の盛田屋
豆乳化粧品・健康食品等の販売を手掛ける株式会社 豆腐の盛田屋(所在地:福岡市博多区、取締役社長:北嶋敬二)は、「お肌の潤い保持」や「便通改善効果」のある機能性表示食品『腸内こまめくのいち』を8月1日(日)に発売いたしました。皮膚科医が監修した、お肌と腸にアプローチする1日2粒目安でヨーグルト10kg分※の乳酸菌が摂れるサプリメントです。 (※乳等省令に基づきヨーグルト1個100mlあたりの乳酸菌数を10億個として換算)






コロナ禍で増える「巣ごもり不調」

「いつものスキンケアで肌が荒れる…」
「便秘が続いている…」
「なんだか身体がだるい…」
このような不調を感じることはありませんか。

コロナ禍において自宅に居る時間が増え、ストレスや運動不足、食生活の乱れなどの問題が深刻化しています。さまざまな要因によって現代人の多くは「自律神経が乱れている」といわれています。自律神経の乱れは「ホルモンバランスの乱れ」や「腸内環境の乱れ」を引き起こし、身体は負のスパイラル状態に。

特に「腸内環境の乱れ」は女性の美と健康のお悩みに直結します。
ストレスを感じると腸内環境が乱れて悪玉菌が優位になります。その影響で肌のバリア機能が低下し、些細な刺激でも肌荒れを起こしやすい状態に。さらに便秘や免疫力の低下を招いてしまいます。



便秘は万病のもと

腸内には善玉菌と悪玉菌、日和見菌がバランスをとりながら存在することで、体は一定の状態を保っています。ですが、便秘になると腸内に便が長時間滞留することで便が腐敗し、腸内の悪玉菌が著しく増えて有害物質が生成されます。この有害物質や老廃物が血液に取り込まれて全身を巡り、血流や代謝にも影響されて免疫力も低下してしまいます。これが、さまざまな病を引き起こす原因にもなります。

便秘は生活の質を下げるだけでなく、寿命も縮めてしまうことが明らかになってきました。便秘による腹痛や腹部膨満感などが食欲低下をまねき、栄養状態が悪化してさまざまな機能が落ち、心筋梗塞や脳卒中、寝たきりなどのリスクが高まると考えられています。腸内環境を整えることは健康のためにも非常に重要と言えます。

腸内細菌のバランスは毎日一定ではありません。食事や生活習慣が関わり変化するため、日々腸内環境を整える「腸活」が必要です。「腸活」は腸内環境の乱れによって引き起こされる病や免疫力低下、肌荒れやイライラなど体と心のさまざまな不調を解消するカギです。

腸内環境とお肌の深い関係

「便秘になると肌荒れする...」という方も多いはず。
それは、腸内の悪玉菌が増加して有害物質が全身を巡り、肌にも蓄積してしまうせい。肌のターンオーバーもうまくいかなくなり、乾燥や肌荒れの原因になってしまうのです。つまり腸の状態はお肌の状態にもつながっています。すこやかな毎日をおくるためには、内側からのインナーケアで根本から改善することが必要なのです。

一方、肌のターンオーバーには女性ホルモンのバランスも重要です。
大豆に含まれる「大豆イソフラボン」は、お肌や心身の健康に欠かせない女性ホルモン(エストロゲン)に化学構造が似ています。つまり大豆イソフラボンを摂ることで女性ホルモンの減少やバランスの乱れをサポートし、美肌や不良改善などにチカラを発揮してくれます。

豆腐の盛田屋は、女性ホルモンの減少・バランスの乱れに起因するさまざまな弊害に悩む女性を大豆イソフラボンのチカラで応援し続けてきました。
豆腐屋から始まったスキンケアメーカーだからこそ、食品目線、スキンケア目線、どちらの経験も生かしながら、現代女性の複雑な肌悩みを根本から解決すべく、『腸内こまめくのいち』を開発しました。

「肌の潤い維持」と「お通じの改善」が叶う機能性表示食品

大豆にこだわる豆腐の盛田屋がこだわったのはやさしさと効果実感。

効果を実感してもらうため、機能性関与成分として『K-1乳酸菌(植物性乳酸菌K-1)』を使用。
お米由来の乳酸菌で、「肌の潤い維持」と「お通じ改善」の機能が報告されています。皮膚科医監修のもと、大豆イソフラボンをはじめとした美容成分も配合しました。

また、「体に取り入れるものだから安心して使って欲しい」という想いのもと、国内製造(GMP工場認定)、無添加(保存料、香料、着色料、人工甘味料、白砂糖不使用)にこだわりました。


[機能性表示食品とは]
科学的根拠に基づき、安全性・機能性を明確に説明できる食品のこと。
安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届けられたものです。
ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。

機能その1:お肌の潤いをキープ




機能性表示食品の乳酸菌サプリメント 『腸内こまめくのいち』には2つの機能が記載されています。

機能その1:「肌の潤いをキープする」効果について、K-1乳酸菌を摂取することで肌の水分蒸発量が減り、肌の乾燥を感じにくくなるという機能が報告されています。

春夏秋冬を過ごす日本人のお肌は、一年を通して様々な環境の中にいます。どんな環境にも負けないお肌作りの基本は乾燥予防と保湿ケア。潤いのある肌をキープする為、内側からのケアが重要です。



機能その2:お通じの悩みを改善





続いて、機能その2:「お通じの改善」効果について、K-1乳酸菌を摂取した方の排便回数や排便回数、排便量の増加が報告されています。

現代人の多くが悩む“お通じの悩み”。
毎日お通じはあるけどお腹がもやもやする、リズムが不規則、硬便や軟便など悩みの種類も様々。
便通を改善することで腸を正常に働かせることが必要です。

腸内環境を正常化することで心身に与える影響は少なくありません。お通じの改善ひとつで、体も心も健やかに変化していきます。



ー「お米」由来の乳酸菌と「大豆」イソフラボンー 日本女性を支える美しさの源を1つに

〈[植物性乳酸菌K-1」は、お米由来の乳酸菌〉
日本人が古来より食してきたお米由来の乳酸菌が日本人との相性が良いのでは?との発想から研究されてきました。善玉菌のエサとなる食物繊維とフラクトオリゴ糖を配合し、腸を刺激して蠕動運動を活発化させます。

さらに吸収のスピードが速いアグリコン型のイソフラボンで大豆イソフラボンの成分の吸収率をアップ。あわせてラクトビオン酸を配合し、イソフラボン作用を強化して、しっかりと効果実感して頂けるようこだわりました。


〈女性にうれしい厳選成分7種〉
・ビタミンC
・イソフラボン
・セラミド ※セラミド含有米抽出物
・コラーゲン ※フィッシュコラーゲン
・ヒアルロン酸
・エラスチン ※豚由来高分エラスチン
・プロテオグリカン ※プロテオグリカン含有サケ鼻軟骨抽出物

1日サプリ2粒でヨーグルト10kg分※、1000億個の乳酸菌入り
(※乳等省令に基づきヨーグルト1個100mlあたりの乳酸菌数を10億個として換算)


〈こんな方におすすめ〉
・乾燥が気になる方
・便秘気味の方
・スキンケアをしているのに肌荒れや吹き出物を繰り返す方
・野菜不足で、肉中心の食事が多い方
・休息を取っても元気が出ない方

商品情報、成分等





【商品名】腸内こまめくのいち
【区分】機能性表示食品
【届出番号】G61
【届出表示】本品に含まれる植物性乳酸菌K-1(L.casei 327)には、以下の機能が報告されています。
1.肌の潤いを維持する。
2.お通じを改善する。
便秘気味の方、肌が乾燥しがちな方にお勧めいたします。
本品は、事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨を表示するものとして、消費者庁長官に届出されたものです。ただし、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
【機能性関与成分名】植物性乳酸菌K-1(L.casei 327)
【機能性関与成分量】植物性乳酸菌K-1(L.casei 327) 1,000億個(一日摂取目安の含有量)
【1日当たりの摂取目安量】2粒
【内容量】16.8g(1粒重量280mg×60粒)
【価格】3,564円(税込)
【問合せ先電話番号】0120-007-460
【公開情報】https://www.fld.caa.go.jp/caaks/cssc01/ ※届出番号「G61」で検索
【注意事項】
●本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
●本品は、疾病に罹患している者、未成年者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む。)及び授乳婦を対象に開発された食品ではありません。
●疾病に罹患している場合は医師に、医薬品を服用している場合は医師、薬剤師に相談してください。
●体調に異変を感じた際は、速やかに摂取を中止し、医師に相談してください。
【摂取上の注意】
●原材料をご参照の上、食物アレルギーのある方は摂取しないでください。
●過剰摂取はしないでください。(イソフラボンを含有するほかの保健機能食品等の併用には注意してください。)。

商品はこちらから
https://www.tofu-moritaya.com/item/W00012628.html

公式サイト
URL:https://www.tofu-moritaya.com/

■会社概要
会社名:株式会社豆腐の盛田屋
所在地:〒812-0016 福岡県福岡市博多区博多駅南2-4-11 3F
お問い合わせ : https://www.tofu-moritaya.com/apply.html?id=APPLY1
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)