広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

鎮痛剤市場、2021年から2026年にかけて緩やかに成長見込み

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「鎮痛剤市場:世界の業界動向・シェア・市場規模・成長・機会・予測 (2021~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を7月30日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/imarc988455-analgesics-market-global-industry-trends-share.html




市場の概要
鎮痛剤市場は、2020年に482億米ドルの規模に達しました。鎮痛剤は、意識に影響を与えたり、感覚を変えたり、神経インパルスの伝導を妨げたりすることなく、痛みを和らげるのに役立つ薬で、鎮痛剤や痛み止めとしても知られています。鎮痛剤には、パラセタモール(北米ではアセトアミノフェン(APAP)と呼ばれる)、サリチル酸塩などの非ステロイド系抗炎症剤(NSAID)、モルヒネやオキシコドンなどのオピオイド系薬剤があります。鎮痛剤は、生理的損傷、手術、幻肢痛、炎症、神経因性疾患、癌治療などによる痛みの治療に用いられます。現在、インターネットの普及により、様々な電子商取引プラットフォームが製薬メーカーと提携し、消費者の手元に鎮痛剤などの医薬品を届けることができるようになりました。

市場の動向及び成長要因
鎮痛剤の需要を喚起する主な要因は、老年人口の増加です。2017年には、9億5,000万~10億人の人々が60歳以上でした。しかし、2050年にはこの数字が21億人に達し、世界の総人口の約21%を占めると予想されています。高齢者は慢性疾患や生活習慣病にかかりやすいため、鎮痛剤の売上に大きく貢献すると考えられます。また、多くの大手製薬会社は、鎮痛剤のデリバリーとデザインの両面において、臨床的な進歩に絶えず焦点を当てています。また、副作用プロファイルを改善し、効果的な鎮痛作用を持つ、より安全なオピオイドの開発も進めています。さらに、米国食品医薬品局(USFDA)の承認待ちの効果的な薬剤を含む強力なパイプラインの存在により、世界中で鎮痛剤の使用がさらに促進されることが期待されています。今後5年間、世界の鎮痛剤市場は緩やかな成長を遂げると予測されています。

主要な市場区分
鎮痛剤市場は、薬効タイプ、薬効分類、投与経路、痛みの種類、用途、地域に基づいて分類されています。

薬効タイプ別の内訳は以下の通りです。
処方薬
一般用医薬品(OTC)

薬効分類別の内訳は以下の通りです。
オピオイド
非ステロイド性抗炎症薬
その他

投与経路別の内訳は以下の通りです。
経口
非経口投与
局所投与
経皮
直腸

痛みの種類別の内訳は以下の通りです。
筋骨格
外科的および外傷

神経因性
片頭痛
産科
線維筋痛症
火傷による痛み
歯科・顔面
子供の痛み
その他

用途別の内訳は以下の通りです。
内部
外用

地域別の市場区分は以下の通りです。
アジア太平洋地域
北アメリカ
ヨーロッパ
中近東・アフリカ
ラテンアメリカ
地域別では、北米が市場でトップの地位を占めています。これは、ジェネリック医薬品の普及が進んでいることと、この地域の医療費が増加していることに起因しています。

市場の競合状況
鎮痛剤市場には、価格と品質で競争する多数の大小のメーカーが存在します。代表的な企業は以下の通りです。
バイエルAG
ノバルティス・インターナショナルAG
グラクソ・スミスクラインPLC
Pfizer Inc.
Johnson & Johnson Pvt.
レキットベンキーザー(RB)グループPLC
エンド・ファーマシューティカルズPLC
ブリストル・マイヤーズ スクイブ・カンパニー
イーライ・リリー・アンド・カンパニー
サノフィSA


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc988455-analgesics-market-global-industry-trends-share.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)