医療・医薬・福祉 美容・健康

「予防に勝る治療なし」株式会社ウェルネスは、あなたがより豊かな人生を送るために正しい疲労回復法を学べるサービスを提供いたします。

株式会社ウェルネス
~本日8月1日(日)よりサービス提供開始~

疲労に対する認識が非常に甘く、働く事を美徳とする概念が根強い日本では、疲労を無視し続けてしまうことで身体の危険信号を見逃してしまう人は多くいます。あなたの疲労を忠実に解明し、解決に導くための疲労ケアを自宅で学べるオンライン講座プログラムです。






プロジェクトの背景と目的

文化の多様化やIT化が進み膨大な情報にあふれる現代社会において
確立された疲労回復法を見つけ出すことは至難の業です。
当事業は、疲労大国日本に警鐘を鳴らし、人々を健康へ導くために発足されました。

2002年に厚生労働省が一般地域住民に行った労働者の健康状況に関する調査においては
身体に疲労を感じている人々の割合は72.2%という高い数値を記録しました。

多くの人々が感じている「疲労」は「本能的アラーム」であり、
内臓や脳に過大な負担がかかっていることを訴えている状態です。

つまり、疲労を蔑ろにしていると生活習慣病や免疫力低下に繋がり、
ある日突然「病」として実態化するまでは気がつくことが難しいのです。
そこで政府は「2035年、日本は健康先進国に」という新たなビジョンを掲げ

保険医療システム開発の始動と共に、日本が世界の保健医療を牽引すると宣言しました。
さらに、2019年には「今後は予防医療に積極的に財政支援を行っていく」と指示を出し
予防医療へ一歩を踏み出しました。

疲労を放置していると一生治すことはできません。
現代のストレス社会を最高の自分でスマートに生き抜く秘訣とは
正しい疲労回復法を習得し、疲労蓄積による心身の不調を予防していくことです。

当事業は、この講座でしか学べない疲労に関する正しい知識や情報をお届けし、
あなたの最高のコンディションを実現することが使命であると考えております。

サービス概要

オンライン講座プログラム詳細
▼動画視聴ページリンク(LINE登録後に番組配信開始!)
http://shcteam.co.jp/high-conditioning/ad/a18/index.html

▼講座内容
当プログラムは健康番組の4部構成です。
科学的根拠に基づいた「最高の体調の作り方」を学んでいき、
疲れ知らずの身体を手に入れる方法を発信いたします。

第1部:疲労の解明
第2部:疲労の特効薬
第3部:疲労と決別 / 最強の疲労回復法~即実践!SHCの極意~
第4部:視聴者限定!シークレット番組

全ての動画をご視聴頂いた方限定で、Wellness関連サービスやクーポンのプレゼントを
特別にご用意しております。

「Scientific-High-Conditioning (SHC)」とは
「Scientific-High-Conditioning」(「サイエンティフィック-ハイ-コンディショニング」)とは、
食事・運動・睡眠・メンタルヘルス・生活リズムの健康要素すべてを
一つにまとめて考案された、科学的エビデンスのある「最強の疲労回復法」です。

「SHC」最大の特徴は、ゲーム感覚で継続しやすく、誰でも楽しく取り組むことができる
【効果体感型学習】を取り入れており、
日本全国ではとても珍しく、新鮮に楽しめるアクティビティです!

これを実践することで、疲労と決別し身体の不調を改善、
さらにはストレス対策としての予防効果も期待できます。

あなたもぜひ、本当の健康体を手に入れて人生を変えてみませんか。

見違えっていく自分にますます明日が待ち遠しくなり、
人生の幸福度も劇的に上がっていくはずです。

中田航太郎氏プロフィール

経歴
1991年4月生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業後、
救急総合診療科医として臨床に従事。
早稲田大学文学学術院にてマインドフルネスと脳の可塑性に関するレビュー研究を実施。
-------------------------------------------------
最新の疫学論文の精読に勤しみ、科学的知識に基づいた予防医学を日々習熟。
2018年6月に株式会社ウェルネスを創業し、現在はパーソナルドクターとして
約100名の経営者のサポートに従事している。
さらに今年2月には、松尾伊津香氏 著書の「医師が教える 内臓疲労回復」を監修。




書籍「医師が教える 内臓疲労回復」
監修・編集・著者名:松尾 伊津香 著、中田 航太郎 監修
出版社名     :クロスメディア・パブリッシング
出版年月日    :2021年1月22日
【チャンネル登録者23万人のYouTubeで書評特集実績あり!】




会社概要



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)