ネットサービス・アプリ 医療・医薬・福祉

IT×歯科医院「デンタルテック」で働き方改革!

株式会社soeasy
動画SNSツールのsoeasyが、歯科医院向け商品 "soeasy buddy for dental"の販売を開始

知識やノウハウの動画共有サービスを展開する株式会社soeasy(本社:東京都品川区 代表:中野 慧、以下 当社)は、2019年11月1日(金)より、歯科医院向け動画トレーニングSNS「soeasy buddy for dental」の提供を開始したことをお知らせいたします。 ●soeasy buddy for dental紹介ページ https://pr.soeasybuddy.com/dental



<概要>
「soeasy buddy for dental」は、言葉や紙資料では伝わりにくい、院内で共有すべき技術や業務内容をスマートフォン動画で体系立ててわかりやすく伝えることが可能です。また、業務連絡やお知らせ、日々の業務の中で生まれる気づきや疑問などを共有できるSNS機能により、院内のコミュニケーションの円滑化と共に、現場で生まれる知識やノウハウを蓄積することも可能です。

<背景>
歯科業界では絶えず技術革新が起こっており、歯科医院ではそのたびに院内スタッフへ施術や業務上の更新内容を共有する必要が生じ、日中の営業を止めての院内勉強会の実施や、紙マニュアルの更新が頻発しています。また歯科衛生士・助手や受付スタッフの入れ替わりなども発生するため、教える側も教わる側も時間や労力などコストがかかり、売上の機会損失が発生しています。


「soeasy buddy for dental」は既に医療法人社団 博山会、医療法人 デンタルアドバンスなどの歯科医院だけでなく、歯科技工所 クオリスでの利用も進んでおり、今後も歯科業界の働き方改革の推進へ寄与してまいります。

・医療法人社団 博山会 沼澤デンタルクリニック 沼澤 秀之院長コメント
「歯科医院では新たに導入される機材や材料が常に有り、その都度スタッフ全員に共有するのに苦労がありましたが、soeasy buddyを導入して以降迅速な共有が可能になりました。
また専門用語や治療内容を未経験のスタッフに教えるには相当な時間を要していましたが、治療自体の講義動画を作ることで繰り返し講義する必要もなくなり、教える側の労力が大幅に減少するとともに、新人スタッフの理解も深まるという願ってもない効果があり大変助かっています。今ではなくてはならないツールです。」

■soeasy buddyとは
売れる営業トークやクレーム対応・新商品の情報共有など、社内にあふれるあらゆるノウハウをスマホをかざして撮影・アップロードするだけで簡単に共有することができる、動画を活用して企業内の財産である「我が社のノウハウ」を集約・進化させ、生産性を向上させるサービスです。
2018年4月正式リリース以降、多数の企業が導入。複数の導入企業で、売上や販売数が前年比200%前後になるなど、企業の生産性向上に寄与しています。
https://pr.soeasybuddy.com/

また、2019年8月には美容サロン向け動画トレーニングSNS「soeasy buddy for beauty」を発売し、既に100店舗以上が利用しています。
https://pr.soeasybuddy.com/beauty


■soeasy会社概要
会社名:株式会社 soeasy / 代表者:代表取締役 中野 慧
設立:2016年12月 / 資本金:3億5,265万円(資本準備金含む)
本社所在地:東京都品川区上大崎1-11-9 / 企業URL: https://www.soeasy.co.jp/
<事業内容>
困った時の15秒動画コミュニティ『soeasy』 (https://soeasy.tokyo/
トレーニング動画SNS 『soeasy buddy』 (https://pr.soeasybuddy.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会