広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

インドの歯科用骨移植代替品の市場規模、2027年に5200万米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「インドの歯科用人工骨市場・COVID-19の影響 (2021-2027年) -MedSuite」(iData Research Inc.)の販売を8月2日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/ida1000917-india-dental-bone-graft-substitutes-market.html




インドの歯科用骨移植代替品(DBGS)の市場規模は、2021年に1900万米ドルに達し、中でも異種移植片市場が最も高い成長を示すと予測されています。COVID19の状況下にもかかわらず、インドの市場規模はCAGR27.8%で増加し、2027年には5200万米ドルに達すると予想されています。

2017-2027年インドの歯科用骨移植代替品市場の成長

歯科用生体材料市場の成長を制限する最も大きな要因は、現地の収入に比べて歯科治療にかかる費用が高いことです。インドは依然として新興国であり、歯科用骨移植代替品や歯科用バリアー膜を用いた大規模な歯科治療には公的医療保険が適用されませんでした。しかし、近年では、民間の歯科保険制度が開始され始めています。

インドの歯科用骨移植代替品市場におけるトレンドは、歯科用バリアー膜の市場シェアの増加です。インドでは、歯科用バリアー膜は、歯科用骨移植代替材に比べて市場に浸透していませんでした。しかし、消費者の認知度と歯科医による受け入れの増加により、今後、歯科用バリアー膜市場は、シェアを拡大すると期待されています。

インドの歯科用骨移植代替品市場シェアの分析

インドの歯科用骨移植代替品市場は、Geistlichがリードしています。2位と3位にはNovaBone(Halma)とZimmer Biometが追随しています。Geistlich社のBio-Oss(R) xenograftは、インドで最も認知されている歯科用骨移植材のブランドです。Geistlich社のBio-Gide(R)デンタルメンブレンの売上は、Bio-Oss(R)を使用している多くの歯科関係者に選ばれているため、人気があります。Geistlich社の長い歴史の中で証明された有効性と、世界中の歯科医からの人気により、同社は市場シェアを維持しています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/ida1000917-india-dental-bone-graft-substitutes-market.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)