広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

中国の歯科用インプラントの市場規模、2027年に6億8000万米ドル到達予想

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「中国の歯科インプラント市場の分析 - 新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の影響 (2021年~2027年):MedSuite (歯科インプラント、最終補綴物、サージカルガイドを含む)」(iData Research Inc.)の販売を8月2日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/ida1000923-china-dental-implants-market-analysis-covid19.html




中国の歯科用インプラントの市場規模は、2021年に4億4000万米ドルに成長すると予想されています。中でも、プレミアムインプラント部門が最も高い成長を示しています。中国の歯科用インプラント市場は今後も成長を続け、2027年には6億8000万米ドルに達すると予想されています。

2017-2027年の、中国の歯科用インプラント市場の成長

これまで、中国の歯科用インプラント市場は、多数の規制措置とその文化的特徴から、外国企業の参入は積極的に行われてきませんでした。これに加えて、国民一人当たりの所得水準が低く、歯科インプラントに対する認知度、審美性に対する需要が低いことから、歯科インプラント市場の立ち上がりが遅れていました。

中国の歯科インプラント市場は、民間歯科医院のネットワークの充実により拡大しています。従来、中国では資格を持った歯科医師やサービスが不足していたため、歯科インプラントの普及が遅れていました。しかし、歯科サービスを提供する歯科医院や組織は、国内での需要に応えるために急速に成長しており、大規模チェーンに統合されるケースも増えてきました。

中国の歯科用インプラント市場の考察

中国の歯科用インプラント市場に参入している多くの企業の中で、Osstem Implantが最大で、StraumannとDentiumがそれに続いています。Osstem Implantは、ディスカウントインプラント市場での存在感から、2020年の中国歯科インプラント市場のリーダーとなりました。この韓国のメーカーは、世界最大級のインプラント企業であり、価格の安さを重視する中国において、多くの歯科医療従事者から支持されています。

Straumannは勢いを維持しつつ、インプラント業界での存在感を強化し続けています。2019年、Straumannは、30%の株式を保有していたAnthogyrを完全に子会社化することで合意しました。中国におけるStraumannの製品ラインには、Axiom(R)とSimeda(R) Axiom(R)ティッシュレベルインプラントがあり、中国で急成長しているバリューインプラント部門の一翼を担っています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/ida1000923-china-dental-implants-market-analysis-covid19.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)