医療・医薬・福祉

ペプチド医薬品開発のひむかAMファーマ、4億円を調達し臨床試験へ

ひむかAMファーマ株式会社
シリーズBをファーストクローズ

指定難病の潰瘍性大腸炎などに向けたペプチド(アミノ酸の結合体)医薬品を開発する、ひむかAMファーマ株式会社(本社・宮崎市、以下ひむかAM)は2021年7月30日、シリーズBラウンドの資金調達を4億円でファーストクローズしました。ひむかAMは間もなく、この資金を用いて開発品「HM201」の臨床試験を開始します。HM201は投与の利便性を格段に向上させた新薬候補品です。



■粘膜修復に作用するアドレノメデュリン
HM201の主成分は、ひむかAMの共同創業者である北村和雄(宮崎大学特別教授)が発見したペプチド「アドレノメデュリン(AM)」をベースにしています。AMは上皮細胞のバリア機能の修復・維持に関わる物質です。慢性炎症により傷んだ腸粘膜の修復を促進します(右図参照)。

AMは、抗炎症・免疫抑制を主作用とする医薬品とはたらき(機序)が異なるため、副作用リスクが低い特長も備えています。ひむかAMの開発パートナーである宮崎大学では、臨床試験(Phase2a試験)において一定の有効性を確認しました。

■投与簡便なHM201

こうしたAMの投与における利便性を大幅に向上したのがHM201です。ひむかAMは非臨床試験で、安全性、薬効や安定性に関する初期目標を既に達成しており、シリーズBラウンドで調達した資金を用いて臨床試験(Phase1試験)を始めます。

シリーズBラウンドに参加した主な投資家は、三菱UFJライフサイエンス1号投資事業有限責任組合(無限責任組合員:三菱UFJキャピタル)、QB 第一号投資事業有限責任組合(同:QBキャピタル)、みやぎん宮崎大学夢応援投資事業有限責任組合(同:宮銀ベンチャーキャピタル)、KSP6号投資事業有限責任組合(同:ケイエスピー)、ベータ2020投資事業有限責任組合(同:ドーガン・ベータ)、みやざき未来応援2号ファンド投資事業有限責任組合(同:宮崎太陽キャピタル)および複数のエンジェル投資家などです。ひむかAMは今回のファーストクローズに続き、さらなる資金調達を実施します。

ひむかAM 代表取締役の新城裕司は次のようにコメントしました。「HM201の臨床試験開始は炎症性腸疾患に苦しむ方にとっての福音です。先進国だけで500万人とも言われる難病で苦しむ方々に、新しいアプローチによる安全性の高い薬を早期に提供すべく、臨床試験の遂行に全力で取り組みます。」


■会社概要
社名:ひむかAMファーマ株式会社
事業:新規創薬シーズの研究開発、ライセンシング
設立:2017年2月1日
所在地:〒880-0812 宮崎県宮崎市高千穂通2丁目5番36号
Webサイト: https://www.himuka-am.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)