広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

輸液療法の市場規模、2027年に112億米ドル到達予想

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「輸液療法の世界市場:市場規模・シェア、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の影響 (2021年~2027年) - 輸液ポンプ、静脈注射 (IV) セット、ニードルレスコネクタ、活栓、輸液セットを含む」(iData Research Inc.)の販売を8月2日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/ida1010031-infusion-therapy-market-size-share-covid19-impact.html




輸液療法の市場規模は、2020年は75億米ドルで、2019年と比較すると15%減少しました。今後、COVID19の状況下にもかかわらず市場規模は増加し、2027年には112億米ドルに達すると予想されています。現在、輸液療法市場のシェアは、Becton Dickinson、B. Braun、ICU Medicalの主要3社に占められています。

2017-2027年の、輸液療法の市場規模の成長

輸液療法機器は、多くの治療計画に不可欠で基本的なコンポーネントとなっています。この事により、世界的に医療の質とアクセスは向上しており、今後6年間の市場にプラスの影響を与えると考えられます。現在、世界中の多くの地域で、医療サービスを受けられない人々が多く存在します。この状況が改善されていく中で、輸液療法機器の需要と市場規模への影響を分析しています。

世界各国では、ポンプではなく、重力を利用した点滴による輸液が多く使われています。しかし、欧州をはじめとする多くの地域で、あらゆる種類の輸液ポンプの売上が伸び続けていることから、この状況は徐々に変化していくと予想されます。輸液ポンプは、安全性の向上や治療プロセスの正確なコントロールなど、重力式点滴に比べて多くの利点があります。一方、コストが高いことと、臨床医のトレーニングが必要になることが、導入にあたり制限となる可能性があります。しかし、患者数の増加に伴い、ポンプ輸液使用にかかる時間と費用の必要性は認識されつつあります。

点滴セットの販売総数

Number of IV Sets Soldally Globally Every Year点滴セットは、患者の静脈に直接溶液を投与するためのチューブで構成された機器です。輸液療法とも呼ばれ、主に内服治療が困難な場合に使用されます。点滴セットの販売数は今後6年間で劇的に増加し、2027年の点滴セットの市場規模は100億米ドル以上に達すると予想されています。

COVID19による輸液療法市場への影響

輸液療法市場は、COVID-19の世界的な大流行により大きな影響を受けました。世界中で感染率が上昇したため、多くの施設では選択的処置やその他の特定の受診が減少しました。これにより、輸液療法機器を含む基本的なヘルスケア製品の需要が全体的に減少しました。特に輸液ポンプの市場は、多くの施設が予算を制限し、既存のポンプの買い替えが進まず、大きな影響を受けました。

輸液療法の主要競合企業

輸液療法の市場シェアは、Becton Dickinson、B.Braun、ICU Medicalの3社が、その50%以上を占めています。Becton Dickinsonは、輸液療法機器の世界市場におけるリーディングプレイヤーです。同社は2015年にCareFusionを買収し、輸液療法製品のすべてを取得して以来、市場のリーダーとなっています。同社は、個々の輸液療法市場セグメントのすべてに関与しており、IVセットとニードルレスコネクターの市場をリードしています。B. Braunは、世界の輸液療法機器市場で第2位の競合企業です。同社は、輸液ポンプ分野ではBecton Dickinsonを僅差で上回り、輸液セットでは全体で2位となっています。ICU Medicalは、世界市場で第3位の競合企業です。同社は、2017年にHospiraを買収することで、点滴治療器市場での存在感を高めました。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/ida1010031-infusion-therapy-market-size-share-covid19-impact.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)